teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


もっと一緒にいたかった

 投稿者:あい  投稿日:2021年 7月 8日(木)12時17分4秒
  昨日、お迎えして1週間の文鳥を亡くしました。前日の夜、変な音がするから獣医さんに連れてったら、病気が沢山あるねって言われたね。手乗りになって、せっかく仲良くなれたのに。ただただ寂しい。新しい鳥かごにも結局1回しか中に入れさせてあげられなかった。ずっと一緒にいるはずで色々準備したのに。あまりにも早いよ。私の腕めがけて飛ぶのも大変だったんだね。昨日もなでなでできてよかった。まさかそれから1時間後にお別れだとは思わなかったよ、一緒にいてあげられなくてごめんね。下の階でメソメソしてないで、そばにいてあげればよかった。最後まで餌を食べて生きようと頑張ってたんだね。私も頑張るから、病気治そう、だからごはんいっぱい食べてってさし餌して声掛けてたもんね。苦しいのに約束守ってくれててありがとう。私も頑張るから。  
 

ローちゃんヘ…。

 投稿者:パンダ  投稿日:2021年 6月 8日(火)15時13分33秒
  あなたが旅立った後、お友達が寂しくないようお迎えした、ニーニちゃんが今日朝6時過ぎにあなたの元へ旅立ってしまいました。
あなたの様に手の中で看取る事が出来たけど…どうしたら良かったのかな、まだ混乱しています。まだ4才、早すぎるよ。
ニーニちゃん、本当に愛らしくて、おっとりしてたね。パートナー、ニームといつも仲良く寄り添っていたね。これからどうしようかな…。落ち着いたらまたお手紙書きます。
今はただ、ゆっくり休んでね。



 

ごめんね

 投稿者:  投稿日:2021年 5月18日(火)16時17分51秒
  5歳の文鳥を亡くしました
数日前から変化は感じていたけれど、病院に連れていくことができませんでした
最期の数時間1人と1羽で一緒にいられただけ幸運だったのかもしれません
スマホは機種変したばかりで写真がほぼ無く、亡くなってすぐ用事のため外出したらカゴもご飯も何もかも同居人に捨てられてしまったので、あの子がいたことが自分の記憶以外に証明できないのがしんどいです
1度お墓参りに行きましたが49日は行けませんでした
もし病院に連れていけていたら今だって生きていたかもしれないのに
ごめんね

http://https://6005.teacup.com/raitef/bbs

 

リルへ

 投稿者:リルママ  投稿日:2021年 2月28日(日)22時58分46秒
  リルへ
あなたが虹の橋へ渡って、ちょうど二ヶ月が経ちました。
この二ヶ月で最初のころに比べたら、ママはだいぶ元気になったよ。

けど、あなたを思い出さない日はありません。思い出のいっぱい詰まったこの部屋の日常にあなただけがいない。そう気づく瞬間のぎゅってなる気持ち、おっきなため息はいつになったらなくなるのかな。

あなたは病気と闘いながら、最期の時まで美しく立派でした。なのに、ママはいつまでも、未練がましく見窄らしい。ごめんね。
でも寂しいよ
リル、あなたがいなくて寂しい。

いつまでも愛してるよ。
わたしの幸せの青い鳥だったね。
夢にでいいから、会いにきてね。
ありがとうって言いたいから。



 

(無題)

 投稿者:ja3026  投稿日:2021年 2月23日(火)18時11分18秒
  これは悲しいですね。あのお線香で記念するのが一番だと思います。私は正直、ピーちゃんを殺したとは思っていません。また、亡くなったことを自分のせいにしない方がいいと思います。結局のところ、死は避けられません。一方で、一年間病気と闘えた人は本当に称賛すべきです。それは間違いなく、人が直面する最大の試練の一つである。だからこそ、体を大切にしなければならないということでもある。

http://9229.teacup.com/jpa3026/bbs

 

ぴーちゃんを死なせてしまいました。

 投稿者:ゆう  投稿日:2021年 2月22日(月)19時21分25秒
  今日、朝カバーを開けに行ったら、熱風が!!せきせいいんこのルチーノのぴーちゃんは隅で亡くなってました。
主人が6日前に亡くなり、祭壇はぴーちゃんの寝床近くに設置しています。線香の香りが小鳥に良くないと知ってましたので、電池式を使いましたが、線香の香りは故人の食事がわりと知り、昨日から再度線香をたきはじめました。
それでリビングにある籠で寝せれば良いのに、寝床を移動させました。サーモスタットの温度センサーは前から金具がとれたままで、丸吸盤を籠の網の間に挟んで使ってました。センサーが外れたのに気付かす移動してしまいました。またその日、中々ぴーちゃん寝ないなと思いましたが、確かめす、主人のいる祭壇の部屋で寝てしまい、ぴーちゃんが苦しんでるのも気が付かずにいました。
火葬を直ぐに頼みました。一昨日、主人の納骨堂を見に行った時、ペットのお墓があったので、家のぴーちゃんが亡くなったらお願いしますと話したばかりでした。なんてことをしてしまったのか!!
後日納骨に行きます。
お喋りがとても上手で、歌もとても上手でした。
朝出社前は、必ず「バイバイ、お留守番しててね!お利口さんね!!ぴーちゃん可愛いね!」と言ってくれました。
主人ことが大好きで、主人は遺骨ですが会わせて上げたばかりでした。
ぴーちゃんがいてくれて、主人が亡くなり心が救われると思ってましたが、取り返しのつかないことをしてしまい生きてる価値さえも力も見い出せません。
本当にぴーちゃんを愛してました。なのに何故?大切なものを見失う愚かな自分が許されません。
可哀想に、熱くて苦しかったでしょう......
苦しくてお母さんを呼んでたのに、ごめんなさい。
ぴーちゃん、許して下さい!!
 

大好きならむちゃん

 投稿者:らむまま  投稿日:2021年 2月20日(土)00時15分54秒
  せきせいいんこの男の子らむちゃん、
一年ちょっとの闘病の末2月19日11時37分、虹の橋へと旅立っていきました。

7年半、私達家族を癒し笑顔にしてくれたらむちゃん
ほんとにありがとうね。
闘病はつらかったね、お薬水も美味しくなかったでしょ?
お腹も膨れてきっと痛かったよね。
でも、もうその辛さからのがれ、楽になったよね。
そちらではらむちゃんの最愛の家族、きぃちゃん、にこちゃん、ぐりちゃんが待っててくれたでしょ?
今はきっとみんなで楽しく飛び回っていることでしょう。

7年半、お母さんのそばにいてくれてありがとう。
そして最後もお母さんの掌の中で旅立ってくれてありがとう。
苦しまず、ほんとに眠るように逝ってくれて
お母さんは少しだけ救われたような気がします。
ありがとうね。

またいつか会えるね。
必ず必ず会えるからね。
少しだけ時間かかるかもしれないけど
みんなに必ず会えるからその時まできぃちゃん、ぐりちゃん
にこちゃんとみんなで楽しく飛び回っていて下さい。

らむちゃん!
大好きだよ、いつまでも大好きだからね。
ずっと一緒だからね。
ありがとう らむちゃん!

またね!

 

ローちゃんヘ…。

 投稿者:パンダ  投稿日:2021年 2月16日(火)21時21分47秒
  ローちゃん!
四年が経ちました。あの頃はもう笑顔になんてなれないと思ってたのにね…今はお前の形見をいつも身に着けてるから大丈夫。たまに私の夢の中に会いに来てくれるしね。何年たってもお前の命日には休みをとってお前に会いにここに訪れるからね、いつまでも。ローちゃん!
 

ツキが死んじゃった

 投稿者:ヒサシ  投稿日:2021年 2月11日(木)22時56分8秒
  まだ生まれて8ヶ月
ツキとはまるでカップルのような、そんな日々を過ごしていました。でもある日、当たり前のように放鳥し、うとうとと寝てしまった、この身体とあのソファーの間に挟まって、ツキは死んでしまいました。
53歳になって久々に味わった絶望です。
今でも、どこを見ても、ツキがいるような気がして、涙腺が崩壊して涙が止まりません。
改めて、取り返しのつかない事をし、映画の様には
2度と戻ってこないことを知りました。
苦しいです。戻ってはこないですが、
せめて時間を早送りして欲しい。
 

大好きな藍

 投稿者:藍を一番好きな人  投稿日:2021年 1月31日(日)13時56分55秒
  うちに来た当初はカラスの子みたいって言われるほど黒くておっきい赤ちゃん文鳥だった。
挿し餌の時間になるとびゃあびゃあものすごい大声で呼んで、食べ終わると手の上で寝たがってたね。風邪引くと悪いからって少ししたらケースに戻して。
それもあったせいか大きくなったら手の上が好きすぎる子になったね。男の子なのに女の子の白に追いかけられて逃げたりしっぽ噛まれたりちょっと臆病で怖がりで。
白がしんで毎日泣いてた私をものすごく心配してたね。抱っこしながら泣き出すと慌ててどうしようってバタバタして涙を吸い初めて。背中がぐしょぐしょになるくらいまで涙で濡らしてもずっと手の中で泣き止むまで待っててくれたね。
白の分も長生きしようねって。それから新しく2羽の文鳥が仲間入りしたけど他の子と遊ぶとすごいやきもちやいて。
7歳になってからいつもじいじだから特別ねっていっぱい抱っこしたね。
私が会いに行くだけでものすごくよろこんでぴぴぴぴぴぴ!ってすごい早さで鳴いてかごのなかなのにこっちに飛んでこようとしてたね。
8歳になってお尻の方の羽がボサボサになったり足の指が一本動かなくなったり手の上でずっと寝ることが多くなったけどかごの中での元気は健在でお前もきっと桜みたいに10歳、それよりギネス記録目指すくらい長生きしようねってよく言ってるくらいだった。
5日の夜、いつもより元気がなくてすぐ寝かせたね。
次の日、やっぱり元気がなくて。でも保温して餌も食べて小松菜も少し食べて嘴もアイリングも少しだけよくなったから日中も安静にさせてたけど夜になっても回復しなくて。次の日にはフラフラしてて嘴もアイリングも薄くて紫っぽくて。
病院にいったね。でも病院でかごを取り出したら嘴もアイリングも真っ赤になってて。家ではあんなに色も悪くてフラフラしてたのに。
ほんとは元気だった?病院にいったストレスで?通院の時寒かったから?それとも緊張して真っ赤になっただけで具合は悪かったの?
家に帰ったら見たことないくらい紫になってた。ご飯も数粒食べてもういらないって。この三日間あんなに大好きだったカナリアシード、噛み砕けなくて殻だけむいてただけだったから、食べやすいやつだけ選んで食べさせてた。フラフラしてたから呼んで手にのせたら三日間全然鳴かなかったのにチュンチュンって言って乗ってきたね。もうダメなのかもしれないと思って涙が出て泣いてしまったときお前はほんとに優しいから心配してまた顔の近くに寄ろうとヨロヨロしてたね。
ての上だと体温が下がるからかごにもどそうとしたらあんなにフラフラしてたのにがっしり手を足でつかんで降りたがらなかったね。でも無理やりおろして寝かせる前また抱っこしたね。
その時もチュンチュンって乗ってきてよく求愛の時に私のことを呼ぶ声で二回鳴いたね。寝せるときまたかごに戻すときすごく嫌がったね。そのまま抱いててあげればよかった。
このまま抱いてたらそのまま死んでしまいそうで。保温して明日もご飯食べてもらった栄養剤飲んで遊ぼう、明後日もずっと遊ぼうっていったら降りたね。
夜中も何回もくるから、明日もずっと一緒だよっていって寝せたね。夜中も何回もきたよ。あつすぎないよう寒すぎないようストーブつけたり消したり。一度タオルを捲ったときヒーターの近くにいなくてヒーターのとこにいきなって言ってもじっとそこからうごけなかった。
朝カバーをとってお前が落鳥してたのを見たとき本当に後悔した。ずっと待ってたよね。お姉ちゃんの手の上が一番好きだったもんね。ずっと抱っこしててほしかったよね。ごめんね。
8歳9ヶ月。もう少しで9歳。寿命だって思ってるけどあのときこうしていればああしていればがあってもしあのときああしてれば今も生きてたんじゃないかとか。
世界で一番大好き。大事な子。家族とか以上に愛してた。あの子が世界で一番私が好きだったのと同じくらいにあの子か好きだった。あの子は私のことをつがいだと思ってたけど私もあの子はつがいだと思ってた。
今も世界で一番愛してる。でも気持ちに整理がつかなくてあれから毎日泣いてペットロスで検索したり文鳥について検索してる。
泣かないで見送らないといけないけどまだ無理そう。
今まで本当にありがとう。また会いに来てほしい。ずっと藍のこと大好き。愛してる。
 

りんちゃんが亡くなってもう4ヶ月が経ちました

 投稿者:みき  投稿日:2021年 1月29日(金)23時48分35秒
  急に思い出して眠れなくなってしまって、このサイトに辿り着きました。

シルバー文鳥のりんちゃんのことが、今もずっと大好きです。
体の大きな、しっかりした子でした。鳴き声も大きくて、飛ぶのも上手くて、これからも一緒にいられると思っていました。

四年半という平均よりかなり短い命でした。その日の朝までとても元気で、長い距離を飛んでそばへ来てくれたのに、あっという間に具合が悪くなって、急死してしまいました。

あの時もっとなにか出来なかったのか、それまでの生活に原因があったんじゃないかと、今も思い出しては悔やみます。

りんちゃんは私のことが本当に大好きでいてくれました。私の指は、かみかみしても甘噛みだから痛くありませんでした。
誰の手に乗せても、すぐ私を見つけて来てくれました。

りんちゃん、せめて逝く時はつらくなかったでしょうか。病院に連れていこうとして、落ち着かない最期にさせてしまってごめんね。

また鳥さんを飼いたいけれど、お別れが怖いです。りんちゃんに対して、申し訳ないです。

でも、りんちゃんのおかげで、りんちゃんが私のことを大好きでいてくれたことは絶対だったと信じられています。
いつも一生懸命に追いかけて来てくれてありがとう。たくさんお返事をしてくれてありがとう。

虹の橋があるかは分からないけれど、待っていてくれなくたっていいから、やすらかでいてほしいです。

 

罪人さん、りぼんさん、かよさん、nullさんへ

 投稿者:MAI  投稿日:2021年 1月25日(月)12時06分36秒
  先日、こちらに投稿させていただき、その後、皆さんの投稿を拝見して泣いてしまいました‥。
過ごした時間が短いか長いかに関係なく、愛鳥を亡くした辛い気持ちはみんな同じですね。
私もブンちゃんを亡くして明日で4週間ですが、まだまだ思い出しては涙する日が続いて辛いです。でも、こちらのコミュニティーを見ると、私だけではなく、こんなに小鳥を愛している人が多いのだと知ることができ慰められています。
最近、私も知ったのですが、野鳥の雀さん達は、雛から成鳥になれるのも全体の25%、しかも寒さや外敵の影響があるので、成鳥になって2、3年生きられる子も稀だそうです。でも、短い命だからと言ってその子達が不幸せ?ではなく、その子達も幸せな生涯を送って亡くなっているのだと思います。飼鳥さんも同じかな~と最近思うのです。平均より早く死んでしまったとしても、先天的な体質、人為的に見える事故でも、愛鳥さんは飼い主のことが好きで愛してくれた‥(好きだから付いて来て不慮の事故があると思うのです)、そして私達も愛情を沢山注いだ‥、だからこそ愛鳥が亡くなったことが辛いのです。長く一緒に生きたかったけど、長く生きることだけが愛鳥さんの幸せとは言えない‥過ごした愛情や深い関わりこそ大事だったのかな‥と思います。何の慰めにもならないと思いますが、私も皆さんと同じ気持ちだとお伝えしたくて‥。

罪人さん、本当にお辛そうですが、きっと愛鳥さん幸せだったに違いないので、ご自分をあまり責めないで下さいね。
「親切な言葉は人を元気づける」という格言があるそうですが、私も同じ気持ちを持つ方の言葉に慰められたのです。
私もまだロスが続きそうですが、上手に付き合っていこうと思います。こんな風に自分の気持ちを吐き出せるコミュニティーを開設くださっている、らいてふさんにも感謝をお伝えしたいと思います。本当にありがとうございます。
 

私のせいで亡くしてしまいました

 投稿者:罪人  投稿日:2021年 1月23日(土)20時50分8秒
  私のせいで、せきせいいんこを亡くしてしまいました
とても可愛い子でした
沢山お喋りする子でした
たった2年と11カ月で…
とても辛くて苦しくて自分を攻める日々です
毎日泣いて、ぼーっとして、また泣いて…の繰り返し
胸が押し潰され、とても苦しいです
毎日私を笑顔にしてくれて、幸せな気分にしてくれて
笑わせてくれた子でした
そんな子を私の不注意で…
何も手につかず、何も出来ず、苦しくてたまりません
私のせいで、たった2年と11カ月で終わりにしてしまい
本当にごめんね
ごめんね、苦しませてごめんね
涙がとまりません
苦しませた死なせてしまったから、これからは
私が……ごめんね、苦しかったね、ごめんね、ごめんね
大好きだよ、ごめんね……幸せを有難う、ごめんね
 

マヨくんは可愛い私の大事な子

 投稿者:りぼん  投稿日:2021年 1月12日(火)22時37分24秒
  マヨは羽衣セキセイインコの男の子。色がとっても綺麗なラムネのような爽やかなカラーのおめめが黒くて優しい可愛い顔をした子で、ペットショップで一目惚れして迎えた子です。
先輩インコさんはセキセイインコとオカメインコ。
その弟的立ち位置のマヨくんが、まさか突然死んでしまうなんてママは思ってもなかったよ。
5歳8ヶ月。。なんで?どうして?
1/11に日付変わってあまり経ってなかった時…
おやすみカバーをその日はまだ被せてなくて、それがせめてもの救いとなったのかな。。
バタバタってして、ケージの下に落ちたような変な格好のマヨくんを娘が見て教えてくれて、すぐに私が手のひらに乗せたら、、
今までの元気なマヨを手に乗せた時とは明らかに違う!!
絶命寸前なのがすぐに感じ取れて私は震えながら叫んだけど、マヨくんそのまま眠りについちゃった。
私はこわれちゃったの?涙が出ず「なんで?どうして急に?何があったの?」
って。
一晩寝て、午後のまだ明るい時に家族でマヨくんを土に埋めてあげて「サヨナラ」する時に、やっと自然に涙が込み上げてしまい、そこからはもうダメだね。
悲しさが溢れて仕方ないよ。
マヨくんは家族の中でも私のことが1番好きで、私の手の中も大好きだったね。私にしかさせてくれないことも沢山あったもんね。
背中のフシャフシャってした羽のふわふわも大好きだったな。
冷たく硬くなってしまったマヨくんのその部分は、やっぱりふわふわでした。
さよならしたら体が私のそばにもう無い。
こんな早くお別れがくるなんて思ってなかったから、スマホの動画が思ったより少なくて、可愛かったあの仕草(抜けた羽を器用にくちばしでクルクル回して飲み水に時々つけながら遊んでた)の動画がないの。
撮っておけばよかった。他にも沢山。
今は頭の中で思い浮かぶけど、時が経ってしまうと忘れてしまわないかと悲しくなる。
夢の中でもいいから沢山会いに来てほしいな。
マヨくんのあんよは他のどの子よりもポカポカあったかくて、いつか死んでしまうとか想像しただけで悲しかった私は
「マヨくんのあんよポカポカだね~。ずっとずっとポカポカあんよで長生きしてよ~。あんよ冷たくなるとかやめてね~」
なんて言ってたけど、冷たくなってしまう日がきてしまったんだもんね。
私の中での救いは、私の手の中で最期を迎えたこと。
冷たくなってしまうまで手のひらで抱いてあげれたこと。
せめてマヨくんが安心して眠れたんだと思いたい。
大好きなマヨくん。可愛いマヨくん。
虹の橋で他の子と仲良くして待っててね。
沢山の癒しをありがとう。
 

だいすきだよ。

 投稿者:かよ  投稿日:2021年 1月 4日(月)02時13分22秒
編集済
  2021.1.1  午前2時~3時に大好きな大切なマメルリハの
『よもぎ』が虹の橋を渡りました。
初めて飼った小鳥。まだ半年もたってないょ…
甘えん坊で賢くて、小さくて可愛かった。
生後1ヶ月でお迎えして、日々の成長を見てきて
毎日が幸せで毎日笑顔になれた。
一緒に年明けしようと思ってたけど
急用で外出…。
家には他に家族がいて寝るまで元気だったみたいだけど
『おやすみー』とケージに毛布をかけてもらい
私が帰宅する2時間の間に、誰に看取られることなく
ひとりぼっちで暗い部屋で倒れてしまったんだね。
ヒーターのつけ忘れ。
部屋は暖房ついてたけど、よもぎのケージの中は
寒かったよね。
不注意が招いたよもぎの死。
ヒーターさえついてたら……。
私が外出する時、しっかりつけて確認するべきだった。
ごめんね。よもぎ。
寒かったよね。寂しかったよね。
帰宅して毛布をめくり、よもぎが倒れてる姿の
あの瞬間が頭から離れない。
暴れた様子もなく、穏やかな顔で眠ってた
よもぎの姿が忘れられないし、忘れちゃいけない。
お布団に入ってくるのが大好きだったよもぎ。
もう一度お布団に入れてあげたい。
暖めてあげたい。
たくさんの幸せをありがとう。
よもぎに出会えて本当に本当に幸せでした。
 

ありがとう

 投稿者:null  投稿日:2020年12月30日(水)19時45分32秒
  鳥を飼うのははじめてだったから、特に最初はいっぱい苦労をかけたね。後から来た子達が先に旅立って行って、寂しかったね。
色々と力の及ばない、気の利かない飼い主で本当に申し訳なかった。
それでも毎日元気に鳴いてお迎えしてくれたね。
いっぱい好きを伝えてくれたね。長い間生きてくれたね。ありがとう。
さいごは、羽を動かすような動きをしたのわかったよ。飛んでいったのかなって。
撫でながら口ずさんでいた歌は、聞いてくれてたかな。歌詞覚えてなくてめちゃくちゃだったけど、ありがとうの思いを詰めたよ。
虹の向こうの橋で二羽がまってるよ。雛の頃からあなたの世界一綺麗な鳴き声を聞いて育って、同じように鳴いていたニ羽がまってるよ。一番大好きなママにお別れをしたら、まっすぐ飛んでいくんだよ。
皆によろしくね。
 

ブンちゃんが眠りました。

 投稿者:MAI  投稿日:2020年12月30日(水)14時57分19秒
  2020年12月29日(火曜日)17時30頃、10年2ヶ月の桜文鳥(オス)のブン太が永眠しました。
亡くなる前日、やけに手の中で甘えて嫌な予感がよぎったのですが‥、ブンちゃんのサヨナラの気持ちだったのかな?と思います。昨日、文ちゃんを手の中で看取り、夜中は一睡もできず、ひたすら文ちゃんに謝り、ありがとうを言い、後悔と悲しさが波のように押し寄せます。ペットロスのサイトを読んでいて、みなさも同じ気持ちであることが判り、これが普通なのだと感じました。先程、庭の木の下に土葬をしましたが、家の中にはブンちゃんとの思い出があり過ぎて、何処を見てもブンちゃんを思い出します。本当に辛過ぎます‥。少しでも自分の気持ちとブンちゃんへのありがとうを残したくて、涙ながらにコメントを書いています。さっきお別れしたばかりなのに、ブンちゃん、会いたいよ~!!
 

生まれてきてくれてありがとう

 投稿者:飼い主  投稿日:2020年12月24日(木)02時01分22秒
編集済
  昨晩、まだ生後1ヶ月ほどの雛を亡くしました。
前日の夜から眠りがちで、亡くなった当日は餌も食べられずうずくまっていました。
もうだめかもしれないと思い、手で包み込んで名前を呼びながら泣きました。
死んでしまうなら安心出来る家の中でずっと撫でていてあげたいとも考えましたが、いても立ってもいられず病院へいきました。
容態を見た先生の様子から、もう助からないのだろうなと感じ、別れを覚悟しました。掴まれ、注射をされ、可愛そうで見ていられず目を逸らしました。
その後はもし死んでいたら受け入れられそうになくて、ケースの中を見ないでいました。
家に帰りしばらくすると、一瞬、ケースの中でバタバタと音がしました。
中を覗くと、もう動かなくなっていました。
それから数時間経ちはじめて冷たくなった身体に触れ、もう死んでしまったのだと実感しました。
後悔と、悲しみと、寂しさと、まだ現実を受け入れきれません。
もっと一緒に過ごしたかった、たくさん撫でてあげたかった、また元気な姿が見たかった。
 

まっしーとわたしと7年間フルマラソン

 投稿者:わし  投稿日:2020年11月 8日(日)21時18分51秒
  7年一緒に暮らした白文鳥まっしー(メス)が息を引き取りました。
今年の5月に脱腸し、そこから投薬で一度回復しました。

その後、羽を膨らまして眠ることがおおくなり、足の掴む力も弱くなりました。
お腹も膨らんでいるように見え、病院につれていったところ「肝臓肥大」していることがわかりました。
内臓、体温調節を行う空間を圧迫しているため体温調節が難しく
暖め過ぎると、脱水症状になったり、血のめぐりがよくなり腸から出血してしまう可能性があるとのことでした。
薬をもらい、適温にて安静に暮らすことを心掛けました。

先生から、脱腸は再発する可能性があると事前にきいていました。
病院につれてくるかどうかの判断は、パートナーである私にまかせるとのことでした。
「高齢であることから、体力の低下、病気はある。生き物として自然な変化だから。
いつもの家で、いつもどおりに一緒に過ごしてあげて。心配なら来なさい」

11月4日に糞に出血がまじるようになり、5日の朝には嘴、アイリングも真っ白でした。
足の掴む力も弱まり、常に寝ているようなことが多く体力もないことから
わたしは、病院にはつれていかずそのまま見守ることを決めました。

5日の夜、仕事から帰るとやはり出血しており、下敷きのシートを交換しようと
かごをあけると、一目散にまっしーが手に飛び乗ってきました。
びっくりするほどの勢いで手にしがみついてきたので、「長くはないんだ」となんとなく感じました。

そこからは、まっしーの思う通りに、望むようにしようと思い
ずっと手のひらにのせて一緒にいつもどおり、youtubeで動画を見て過ごしました。
悲しい顔したら、まっしーも悲しくなると思っていつもどおり動画見ながら
笑いながら、ずっとまっしーを抱いていました。朝までずっと、このまま起きていようと思いました。

夜0時になると、まっしーの体がぽかぽかしはじめました。
ご飯も食べるようになったため、一度かごにもどし水を飲ませようとしたところ
大きな糞(血がまじっている)をしたあと、少し脱腸しました。血が下におちていました。
私の手で温まったからだと思います。
そのまま、カゴの中ですごしてもらうようにしました。
止まり木をつかむのは辛いようで、餌の皿にすっぽりはまって寝ていました。

そこからは、わたしはカゴの横で寝て
まっしーが餌を食べる音、動く音に耳をかたむけていました。
何度か寝落ちして、起きて、カゴをのぞいて、また寝てを繰り返しました。
また手で抱いてあげた方がいいかどうか、何度も迷いながら。
でもやっぱり、出血をひどくさせてしまうかもという恐怖から、手にのせることはしませんでした。

そして朝、トイレにいくとまっしーが何時ものように「ぴっぴっ」と泣きました。
あ、いつもの返事をしてくれている。そう思い、安心しました。
朝7時ごろ、ふとカゴをのぞくとまっしーは口をあけ「はーはー」と深く息をしていました。
あっ、あぶない。そう感じ、慌ててカゴを開け、まっしーを抱き上げようとしました。
体に力が一切はいっておらず、冷たく、そして軽かったです。
抱き上げた瞬間、まっしーは手から落ちそうになり(私の手が震えていたからかもしれません)パッと持ち直しました。

まっしーは、薄く目を開けた状態で、手の中に納まっていました。
心臓が動いているのか、わかりませんでした。でも、そのときたくさん撫でながら、「ありがとう!大好き!まっしー!」と
いつもどおり、いつもの明るい声で、いつものまっしーを呼ぶ声をかけました。

しばらくそうしていて、もうまっしーが息を引き取ったことを受け入れた時
わんわんしゃっくりながら泣きました。自分って泣くの下手だなあって思いました。
この時の気持ちはよくわかりません。ただ、涙がとまりませんでした。

まっしーが脱腸して出血したあと、ずっと手のひらに抱いておけばよかったな
と思いました。きっとその時が一番つらかったと思います。
やっぱり、どんなに頑張っても、後悔はでてくるんだって思いました。

あの時間、手で抱くことはできなかったけど、わたしはずっとまっしーを思い、寄り添っていました。
まっしーにも伝わっていればいいな。

まっしーが亡くなったことを、家族や友人にLINEですぐ伝えました。
みんな、まっしーを悼んで泣いてくれました。わたしもまた泣きました。
まっしーはこんなにもたくさんの人に惜しまれて、愛されているんだと実感しました。
わたしが言うのもなんだけど、まっしー本当にたくさんの人に愛されてハッピーライフだったね。
でもわたしが一番愛してるから絶対わたしのこと一番にひいきしてほしいソウルメイトだもんね。

火葬の業者さんも、とてもいい人たちに巡り合いまっしーを送ることができました。
たとえ仕事だとしても、こんなにも思いやってくれて、悼んでくれました。
まっしーすげえよ。本当に天才。本当に徳が高い。本当にすごい。

病院にも連絡したら、先生も看護師の方も、悼んでくれました。すごいね、まっしーが引き合わせてくれた
この出会い全部すごいよ。

数日たって、落ち着いてきて、ふと「わたしってまっしーから底なしに愛されてたな」って思いました。
わたしも底なしにまっしーのこと愛してきたから、やっぱあれ、両想いじゃん。

カゴの中に骨壺をおいて、いつも通り餌水を上げていました。
亡くなって数日は家にいるらしいので、「もうちょい一緒にいて!!!!」ってやってました。
骨まで可愛いので「骨まで可愛いじゃん????!!!!」って都度いってました。
絶対まっしー「またうざいじゃん....」って思っているような気がする。見えなくてもわかるぞ....!!
でもッ本当なのでッ喋るのをッやめないッッッッ!!!

生き物の魂は行く場所があるらしいので、今日、まっしーに「いってらっしゃい!!!!」って言って
カゴは片づけました。いまは、骨壺とお花と写真だけです。やっぱ、骨まで可愛いわ。
あっちの世界は病気も餓えもなく、極楽浄土らしいので、そこで我が家の歴代動物の家族たちと
一緒に遊んで悠々と過ごしてもらえればと思います。
でも時々「まっしーかわいい!!!!!!!!!!!!!」って発狂すると思うから
そん時はちょっとこっち覗いて「なに...?」ってしてくれると嬉しい。
ほら、なにせわたしはまっしーのこと愛してるもんだからよ...ついやっちゃうのよラブコールを....

あ~~~~まっし~~~本当にかわいくて愛の深い愛の化身~~~~~~!!!!!!
わたしがばあちゃんになって天寿まっとうしたら、ぜひまたまっしーの背中を思いっきり吸わせてほしい。
そして凄い冷静な顔で私を見返してほしい。たまらんのよ全部。全部愛。

なんとなく、また新しい文鳥さんをお迎えしようと思ってる。
まっしーの闘病時、「もう二度とこんな辛い思いしたくない」って思ってたけど
色んな人の色んな話をきいて、「生き物と一緒に暮らして、苦楽を共にし、看取ることはとても尊い事」って
ことを改めて知りました。

たしかに、まっしーと過ごした時間ってすごい尊い。
別れは辛いけど、それ以上にまっしーから貰った愛が大きい。
一緒にまっしーと苦しめてよかった。

人生を共にする、パートナーを待ってる文鳥さんがいると思う。
先輩まっしーから貰った愛を、新しい文鳥さんにも伝えて共有して、一緒に生きていきたい。
いつ出会うかわからんけど、待っててね未来の文鳥君よ。君はまっしーの後輩としてわたしと苦楽を共にするのだ!


いまもまっしーの骨壺に向かって「はぁ!!まっし!だいしゅき!!!!ちょうすき!!かわい!!ンチュ!!!」
って言っちゃったけど、隣人からの苦情こないから世界って優しさで成り立ってんだな。

あ、まっしー、先輩のちお彦にもよろしくいっといて。大好きだよ。

わたしはまたいつも通りに生きていくよ~年末は実家に一緒に帰ろう!
んじゃ、またね
 

ありがとう。ばひ大好きだよ!!

 投稿者:ばび母  投稿日:2020年11月 7日(土)20時55分57秒
編集済
  11月2日の午後3時50分に旅立ったぱぴは11歳5か月でした。
8歳を過ぎた頃から老化による様々な症状が出始めました。
かかりつけの病院で
腹水を抜いてもらうなどの対処療法を一年半ほど続けてきましたが 体力的な面から考えても受診させる事が果たして正しいのか、と悩み8月末から通院はやめました。
足の麻痺 腫瘍 尾脂腺出血と満身創痍でしたが最期までご飯が大好きな強い子でした。
我が家が一番大変な時代を一緒に過ごしてくれました。
家族が出かけるときは「バイバイ」と声をかけてくれました。
家族が笑っているときは一緒に笑っていました。
ペットなんかじやありません。
大切な族です。
明日火葬の予定です。
明日から暫くは虹の橋と家を行ったり来たりしながらになるのでしょうね。
ぱぴがいつ戻ってきても良いようにピカピカのケージと大好きなおもちゃとご飯を用意しています。
ばひが幸せな鳥生を全うしたと思いたいです。
 

大好きなはなちゃん

 投稿者:ここはな  投稿日:2020年11月 7日(土)16時09分39秒
  2020年11月5日、大好きだったセキセイインコのはなちゃんが天国に旅立ちました。

2011年4月に私のお家にやって来て、性別は♂ですが、はなちゃんと名付け、9年8ヶ月を一緒に過ごしてきました。

我が家にとっては2羽目のセキセイインコで、1羽目の子が亡くなる3年ほど前に、後輩インコちゃんとして迎え入れました。
お家にやってきた当初は、1羽目の子に興味がいってしまい、手にもあまり乗ってくれず、人にはなかなか懐かないような子でした。
1羽目の子が亡くなり、そろそろ人に懐いてもらえるように、少しずつ手に乗せたりを繰り返していく内に、ようやく懐いてくれる子になりました。

はなちゃん自身から、ふいにこちらに向かって飛んでくることはあまりありませんでしたが、好物のレタス欲しさにキッチンまで飛んできて喜んで食べたり、手を差し伸べると、ぴょんと手に乗ってきて30分でも40分でも手の上で一緒にくつろいで、羽をもこもこにし、そのまま顔の近くでさえずってくれたりしました。
体を触られることが嫌いなはなちゃんでしたが、手の上に乗せて一緒にいるとたまに、顔でなら触れていいときもありました。
一緒にくつろぐそんな時間も仕事で疲れた私にとって癒しで、幸せな時間の1つでした。

自分からはあまり人に構いに行かないけど、構ってもらえると実は嬉しいという、まるでツンデレの様な性格な子でしたが、そんなはなちゃんがとても可愛く、愛おしくて大好きでした。

亡くなる数ヶ月頃前から、はなちゃんの鼻の色が黒ずみ、フンのキレの悪さが目立つことがあったので、どこか調子が悪いのかなと感じていました。
腫瘍の心配もしましたが、特にどこか膨れている感じが無かったこと、元気でいつも通りの姿だったこと、1羽目の子のときに鳥病院で診てもらった事で後悔したことがあった為、迷いましたが、はなちゃんを病院に連れて行くことはありませんでした。
なので、亡くなった原因は分かりません。

亡くなる当日、私は仕事で家にいませんでした。
昼頃に母から、鳥かごの中で倒れたと連絡が入り、私が帰ると安らかに目を瞑り横になっている冷たいはなちゃんの姿がありました。
私が、生前最後に見た前日の夜もいつも通りのはなちゃんだったのに。
第1発見者である父も、はなちゃんは直前までいつも通りな様子で、急に呼吸が荒くなり違う鳥カゴへ移動する為に一っ飛びし、移動先のカゴの中で倒れたのだと言っていました。

まだまだ一緒に居られると思っていたので、
本当に残念で、とても寂しいです。
こんな急に、はなちゃんとお別れすることになるなんて思っていませんでした。
今は社会人の私ですが、学生だった時からずっと一緒で、辛い時期も家に帰ればはなちゃんがいてくれたので心の拠り所でもありました。
特に最近は、手に乗せて一緒にくつろぐことを日課にしていたので、もうそれも出来なくなるなんて信じられません。
はなちゃんの色んなことを考えてしまい、2晩経った今でも涙が止まりません。

きっと、ここ数ヶ月間体調が悪かったのは本当で、はなちゃんは人知れず痛みに耐え、苦しい思いをしてたことに気付いてあげることが出来なくてごめんね。
最期の瞬間も一緒にいてあげることが出来なくてごめんね。そばにいたかったな。
一瞬だけでもいいからもう一度会いたいな。

偉かったね。ここまでよく頑張ったね。
今まで本当にありがとう。
出会えてよかった。また逢おうね。
はなちゃんずっと大好きだよ。
 

またね。本当にありがとう

 投稿者:オーツ麦  投稿日:2020年10月16日(金)20時10分23秒
   今日、十一年一緒だったセキセイインコのしょうちゃんが旅立ちました。
ここ一年、すっかり年をとったなあと、皆で言っていたところでした。
おしゃべりが好きで「しょうちゃん、かわいい」「しょうちゃん、好き!」って言ったり、
鏡の自分に求愛したり、むすめの下唇にぶら下がったり、みそ汁椀に突っ込んだり、
ばあちゃんの頭の上が大好きで、そこめがけて一直線に飛んできたり、指にかみついたり、
首をかしげて話を聞く様子は、世界一、宇宙一かわいかった。
最近すっかり冷え性になって、ヒーターのそばにばかりいたのに、よたよたと手の中に
はいってきたりしてたね。もっともっとお家をあたためてあげたらよかった。
最期は手の中で首をかしげて、羽ばたくような様子をしてたね。
虹の橋に向かってとんでいったんだね。
餌箱の中でうずくまってるのを見た時はびっくりしたけど、最期まで食いしん坊で、
やんちゃなしょうちゃんが残っていんだね。
まだ当分悲しいなあ。しっぽがとっても長くて、きれいな風切り羽だった。
いままで家族に楽しい時間をくれてありがとう。しょうちゃんもまたそっちでのびのび
飛び回って!
またあおうね!ほんとにかわいい、いいインコだったよ。ありがとうね。
 

大好きなすず

 投稿者:  投稿日:2020年10月11日(日)23時46分0秒
  10月10日の朝旅立ちました。
7月2日に急に来たすず。
雛の状態で、今まで鳥を育てたことがなくて慌てて色々調べながら必死に手を尽くしてだんだん成長して行くのが嬉しかったよ。
7月の最後の方に出産があって1週間くらいお別れするのがすごく不安だったけど送られてくる写真を見て「忘れ去られてたらどうしよう、早く戻らないと」と一生懸命体力を回復して、いざ帰ったらちゃんと覚えていてくれて、私の掌に乗ってくれて忘れられていなかった事が嬉しくて泣きそうになったよ。
怒涛の日々だったけど放鳥だけは欠かさずやって、ピッタリとくっついてくれたり、不思議な動きで笑わせてくれたり、ずっと続いてくれたら良いのにと何回も思ったよ。
今思えば毛並みもあまり整ってなかったし、9日からいつもと違う行動が多かったね。
いつもは行かない場所に行ったり、人の指上や太ももの上で寝たり。
夜にいつもと違う動きをしていたのはもしかしたら死ぬのがわかっていたのかな。
朝5時半の段階ではうずくまってたのを確認したのに私は安堵して赤ちゃんをあやしながら寝てしまって、そして7時半に旦那から「死んでる」と言われた時に何で一緒にいてあげなかったんたろうとすごく後悔したよ。
見た時と違って入口の近くまで来ていたのを見て、尚更看取ってあげられなかったことが悔しいよ。
あの時あやして寝かせた後に見に行っていたら最後を看取ってあげられたのかな。
死後硬直も終わっていて、目もうっすら開いていて、苦しかったのかな。
気づいてあげられなくてごめんね。
看取ってあげられなくてごめんね。
向こうでは元気に飛び回って、お友達もできて楽しく遊んでいるのかな。
私はまだそっちに行ってあげられないけど、いつかまた会える時が来るから、その時はまた沢山遊ぼうね。
3ヶ月くらいの付き合いだったけど私にとってかけがえのない日々だったよ。
沢山笑わせてくれてありがとう、癒してくれてありがとう、私のことを好きでいてくれてありがとう。
愛してるよ。
 

大好きなにこちゃん

 投稿者:にこまま  投稿日:2020年 9月30日(水)01時51分59秒
  9月29日、7ヶ月の闘病を終え虹の橋に飛び立って行ったにこちゃん。
いつも元気でお茶目で可愛らしいにこちゃんが本当に大好きでした。
とりかごの扉をくちばしで器用に開けてかごから脱走(笑)したり、
エサいれをいたずらしていつも下に落っことしてエサをばらまいてみたり、、。
人が好きで、肩にのってきたり、部屋中飛び回って冒険したり、
にこちゃんがいると、ほんとに癒されました。

今年の2月に卵巣腫瘍の診断をうけ、手術したものの腫瘍は取りきれず、薬物療法、腹水を抜いたりと頑張って頑張って
今日まできたけど、もう頑張らなくてよくなったよ。
もう充分頑張ったからあとは
きぃちゃんママと、ぐりちゃんが待ってる虹の橋渡って
沢山沢山飛び回って、遊んで、ご飯いっぱい食べて楽しく過ごしてね。
お母さんはにこちゃんを掌の中で旅立たたせてあげられたことに
感謝してます。
にこちゃん、お母さんの帰りを待っててくれたんだもんね。
お母さんの顔みて、安心して旅立ったんだよね。
ありがとうね。

にこちゃん、またいつか会えるよ、
きっと会えるよ。
その日まで待っててね。

お母さんは必ず虹の橋に会いに行くよ、
みんなが待ってる虹の橋に!
でも、お母さんはまだまだ頑張らなくてはならないから
もう少しそっちでみんなと遊びながら待っててね。


にこちゃん、
ありがとう、
お母さんの所で7年間、過ごしてくれてありがとう。

大好きだからね。
ずーっとずーっといつまでも大好きだからね。


 

大好きなももちゃん

 投稿者:ももすけ 長文すみません  投稿日:2020年 9月13日(日)18時56分42秒
  9/10に我が家の癒しのセキセイインコ ももちゃん♀が虹の橋を渡りました。
6年3ヶ月、本当に毎日が楽しくて、感謝の気持ちしかありません。
ここ数週間、あまり呼び鳴きもおしゃべりもしないなーと思っていて、放鳥するとたまに動悸が速かったりと、私的に何となく寿命が近いのかなと感じることがありました。
餌もちゃんと食べて、膨らんだりする事も無かったので様子見をしていた矢先の9/10朝。
いつも通り娘が餌を替え、好みの餌を選んで食べた後、娘がカキカキすると久々にキュッキュッと嬉しそな声を上げたので、久しぶりに声を聞いたような気がするなと思っていると、その後、また鼓動が速くなり肩で息をするような様子を見せ始めたので少しの間見ていると、とても苦しそうな様子だったので、今日は仕事休んで病院に行く事を決め、娘に伝えました。
娘はその後すぐももちゃんに挨拶して学校に行きました。
娘が家を出たあと五分もしないうちに、上の止まり木から下の止まり木にバタバタと移動し、すぐにそこにも止まっていられなくなり下に降りてケージの角にうずくまり私の顔をじっと見ていました。
私は察して、カゴに手を入れももちゃんを優しく包みながら「ももちゃん今までありがとうね!大好きだよ!」と泣きながら伝えると、最後の力を振り絞って起き上がり数歩歩いたところで2~3回羽をバタつかせ「ピーッ」と最期の鳴き声を上げてそのまま逝ってしまいました。
すぐカゴからまだ温かいももちゃんを取り上げ、ガタガタ震える手を何とか抑えながら号泣しました。
娘のハンカチにももちゃんをくるんで、家族が帰るのを待つ数時間が苦しくて苦しくて、、、
娘はももちゃんの容態が良くないのを知りつつ学校に行きましたが、息子は高体連の為たまたまいつも最後に家を出るのがその日は朝早くに家を出た為、まさかこんな事になっているとは知らずの帰宅でした。
帰った息子にももちゃんが死んでしまった、と泣きながら伝えると、最初は意味が分からなかったらしく、その後ももの亡骸を見て理解し、声を上げて泣いていました。
それから娘が帰り、ももちゃんの事を伝えると、最初驚いていましたが塾があるためすぐに出てしまい案外1番懐いていた娘は気丈だなと少し安心しましたが、帰ってくるとリビングに顔を出さず、洗面所で泣いていました。

帰宅した夫もビックリしていましたが、1人気丈に振舞ってくれたのが救いでした。
体重測定は娘がしており、特に変化が無く、もしかしたらもう少し早く病院に連れて行けば、何らかの延命は出来たのかもしれません。
でも病院嫌いでそのせいで脚を少し悪くしてしまい薬も飲まない子だったので、動悸が速くなる事がありつつ9/10を迎えるまでは病院に行く選択はありませんでした。

それぞれが動かなくなったももちゃんにゆっくりと時間をかけて撫でてあげたりカキカキしてあげたり匂いを嗅いだりしながらお別れし、その日のうちに庭木の下に埋めてあげました。

ももちゃんにお留守番をしてもらい、キャンプや短い旅行から帰ると、娘の声を聞いてすぐに呼び鳴きしていたももちゃん。
キャンプも旅行も、ももちゃんが居てくれたから帰るのも楽しみでした。
仕事から帰る時、ももちゃん何してるかな?と居るのが当たり前のようになっていた毎日。
そのももちゃんがもうカゴに居ない事が、辛くて辛くてどうしようもないです。
明日からまた仕事帰りにももちゃんを思い出して泣くでしょう。
当たり前なんて無いんですね。
だって明日からもまた仕事帰りはももちゃんが居ないんですから。。。

歴代5羽目のインコにして、初めてまともにお見送り出来た事が唯一の救いでした。
昔、飼い猫に食べられたり、幼い娘が踏んでしまったりと、セキセイインコを飼う資格が無いんだなと悩んでいた私でしたが、それを覆してくれたももちゃん。
最期までしっかりと飼い主として責任を果たせた事が、これまでの自責の念を少しだけ軽くしてくれたももちゃん。
私はももちゃんに感謝しかありません。
本当に我が家の癒しの存在になってくれてありがとう!
我が家の明るい希望で居てくれてありがとう!
息子と娘の成長を見守ってくれてありがとう!
いつまでも愛しています。
 

ごめんなさい

 投稿者:そら  投稿日:2020年 8月30日(日)00時55分45秒
  一年ほど前にカップルでお迎えしたボタンインコちゃん
いつも2匹でくっついて、放鳥時もくっついて
少し私の心のすきができてしまった。
慣れも出てきてしまったのか
私の姿を扉から見てたのだと思う
なのに、私は気づかなくて・・・
どうしてあの時に上を向かなかったのか?
あの子のお気に入りの場所なのに
どうして私は気づかなかったのか、
翌日に病院で死んでしまったけど
私の不注意で死なせてしまった
ひどい飼い主。
 

ぴっぴ愛してるよ

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2020年 8月15日(土)08時45分56秒
  8/14私の大切な家族のぴっぴが旅立ちました。9歳9カ月の文鳥君でした。
9歳に入ってから急に老化がはじまってここ4カ月は糞もくずれた様な糞をしてました。
3カ月に1度はずっといままで通院していたのですが、ここ急に暑くなって体調を崩し、毎朝かごをめくるたびに体調が悪化しているのがわかりました。
病院につれていくにも、この暑さで瀕死の子を連れていくのも迷い、通いつけの病院はお盆休みで休診。私に出来ることは、保温と湿度管理とたくさん食べさせる事だけでした。
ずっと、看病していたのに、ちょっとだけ息抜きにちょっと買い物にでた間に亡くなってしまいました。
いつも私を待っていて、ここ数日は手の中で眠りたがりゲージからももうアピールしていました。昨日はその気力もなく目をつむったままだったけど、先生があまりぴりぴりしていると、小鳥もゆっくり休めないといわれたし、少しこの空気からも解放されたいと思い買い物にでかけてしまいました。
まさか、その間に亡くなるなんで、本当にかわいそうなことしてしまった。
待っていただろうに。
心細かったろうに。
ぴっぴがいなくなった今私は途方にくれてます。愛しているよぴっぴ。
これから、火葬に行く予定です。生身のぴっぴはみおさめです。
涙がとまりません。大好きだったよ。うちの子になってくれてありがとう。
たくさんの癒しと幸せをくれてありがとう。
 

ノアちゃん、ありがとう!

 投稿者:西谷 由美子  投稿日:2020年 8月11日(火)17時15分4秒
  初めての小鳥さん…セキセイインコのオスのノアがたった1歳4ヶ月で亡くなりました。まだ受け入れることができず毎日写真に話しかけては涙が止まりません。日頃から多飲多尿でよく病院に通ってはいましたが、よくおしゃべりして元気なのでこの子はこんなタイプなのかな?と思いつつ毎日体調の変化に心配していました。去年の暑い夏も乗り越え、寒い冬もヒーターに気をつけてやっと暖かい日になり、これで一年無事に迎えられ歓んでいた矢先、急に餌を撒き散らし全く食べていないので慌てて病院へ行きました。お薬飲んでも食べないので入院になりました。先生は一週間が山です、、と。あんなに元気で私の肩にのり毎日甘ガミをして、もっとおしゃべりしてーとか、どこまでもついて来てくれて。。さみしい毎日を送っていた私の大事な大事なノア!どうかどうか神様ノアを助けてください!お願いします!でも入院して3日目に虹の橋に渡ってしまいました。最後に面会に行ったときにどうしていっしょに帰らなかったのか!いっしょに帰りたかったよね。。ごめんねノア。。最後、さみしいかったね…。悔やまれ悔やまれしかたありません。
もうノアのような小鳥さんには出会わないだろうな。。会いたいよ。ありがとう!もう一度お母さんのところに来てください。
 

大好きだよろろこ

 投稿者:ママ  投稿日:2020年 8月 8日(土)23時31分25秒
  今日ろろこは亡くなりました。朝から元気いっぱい飛びまわっていたのに。いつもいつもついてきて ドアまでついてきちゃはさまるからダメって注意してたのに 大丈夫って油断してました。本当にダメなのは私。本当にごめんね。
大好きろろこ。尻尾が曲がってて店頭に出てなかったあなたを見せてもらった瞬間一目惚れでした。ちゃんと育つか心配はよそに元気すぎるくらい活発で 幸せをいっぱいもらったよ。噛まれるからと撫でられなかったハル君は 命の大切さを知って他の2匹をがんばって育てると誓いましたよ  ありがとう
 

ぴよちゃんありがとう

 投稿者:ぽんぬ  投稿日:2020年 8月 6日(木)08時32分49秒
  昨日 、 赤ちゃんの頃から育てていたセキセイインコのぴよちゃんが天国に旅立ちました。 自分の不注意で弟が踏んでしまって血を吐いて即死でした 。 苦しんでいるぴよちゃんになにも出来なくて、 自分でも情けなくて涙が止まりません 。ちっちゃくて可愛くて賢くて 、 どこに行こうとしても後ろからぴょこぴょこと着いてきてくれて 、 本当に愛くるしくて 大好きでした 。なにもできなくてごめんね 。 苦しかったね 。 痛かったね 。 私の1番の理解者で居てくれてありがとう 。 大好きだよ。 愛してる 。どうかゆっくり休んで 。 そして天国から私を見守ってくれていたら嬉しいな 。  

レンタル掲示板
/29