teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ありがとうございます・2(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


vol.439発行!

 投稿者:初美  投稿日:2019年 8月23日(金)05時53分7秒
  おはようございます。
ここのところ、大雨が降ったりやんだりの天気が続いていましたが
昨日は久しぶりに朝から晴れました。
でも、また台風が発生していますね。
気を付けましょう。

vol.439発行しました!
どちら様もゆみふぃーさまちよー。
感想もぜひお願いします。

ふくうさん
台風お見舞い、ありがとうございます。
大木が倒れたり、屋根が飛んだりしましたが
人への被害はなく、今は日常が戻っています。

早速、メルマガの感想まい、たんでぃがーたんでぃ~~。
「生きる」は菜の花の先生への想いが伝わってきましたね。
先生は、ふくうさんが書かれているように信念の強いお方でした。
ひさぼうさんの考察、すごいですよね~。
まーんてぃ(本当に)私たちはどこから来たのか興味深いですね。
ワタリマリのお母さんの強さ、優しさの陰では「大変な苦労と葛藤」が
あったのでしょうね。
今回もご丁寧な感想をありがとうございました。
 
 

vol.439

 投稿者:ふくう  投稿日:2019年 8月16日(金)20時01分30秒
  「生き方」               菜の花(伊良部・仲地出身)さん
宮古方言研究会についての話題はくまかまのオフ会などで皆様から宮古方言に
ついて色々聞かせて頂きました。確かに聞く分にはある程度分かるのですが自
分で話す事は未だに出来ないですね。義理のお袋さんからも発音が違うとの指
摘で何度も繰り返し発音練習もしたはずなのですが千葉に帰るともう忘れてし
まっているのが実情でした。新里先生の人間の卒業が近いとのお言葉身に沁み
ますね。宮古方言に対する強い信念があったのでしょうね。死後の準備もご家
族に指示されていたのですね。宮古方言教室生が方言大会での特別賞しかも内
地の若者先生の教えの成果ですね。

◇あの話をもう一度
「宮古方言は“縄文語”の生き残りか?」 vol.65 2003/12/4
                    ひさぼう(平良・西仲出身)さん
先祖代々受け継がれて今の世の中がある。人間の元素にたどり着けるかもしれ
ませんね。宮古島の上野で発見されたビンザアブ人2万5千年前の古代人の骨と
の事そこまで遡ることが出来るのかも知れませんね。宮古島の成り立ちもかか
わってきますね。縄文土器や弥生土器が何処かで見つかる可能性もありますね
宮古方言が古事記や万葉集などに出てくる事からも宮古に人が住み始めたのは
昔の事なのですね。台湾から与那国まで筏での実験検証も行われて居ましたが
何処から人がやってきたか大変興味深い事です。

「母ちゃん」            ワタリマリ(上野・宮国出身)さん
障害のある子を育て切り95歳での大往生。大変な苦労と葛藤があった事と思
います。母と障害のある兄との会話は大変重い言葉ですね。愛と葛藤が入り
混じり最後は母が最期まで責任を取るとの一言。更には役所からの施設の説
明についても自分の力での介護を決めた母そして自分より先に逝ってと教え
ていた母そして最後まで寄り添い見守った母それでも兄への後悔をしていた
母が兄に愛情を注ぐ姿を見て育ったワタリマリさん。母の偉大さを改めて感
じている。その愛情の持ち方を孫やひ孫たちへ受け継がれる事は大変素敵な
事ですね。

今回もありがとうございました
 

お見舞い

 投稿者:ふくう  投稿日:2019年 8月 9日(金)20時04分30秒
  台風9号強烈だったのですね
ニュースでは出ない
屋根がめくれた建物
復興お祈りいたします
 

台風9号とvol.438発行!

 投稿者:初美  投稿日:2019年 8月 8日(木)21時39分5秒
  こんばんはー。
台風9号真っ只中の宮古です。あみかじ つうつうです。
雨戸がガタガタいっています。
木の葉もあっちに揺られ、こっちに揺られ。
うちは停電していませんが、停電しているところもあるようです。
家の中にいる分にはいつと通りの感じですが
何事もなく早く通り過ぎますように!

vol.438発行してから1週間が経ちましたが、
ゆみふぃたーべーやー。
バックナンバーでも読めますので
まだの方はぜひお読みくださいね。

B.サラさん
今号でもお世話になりました!
おーみは、古語の「おむ(恐む)」なんですね!
納得です。
感想まい、たんでぃがーたんでい~~。
優子さんの娘さん、まーんてぃ、サイガ族になるはずね!
宮国勉さんの観察チカラには脱帽ですよね。
やっぱり、しゃーぱり!笑
当たって良かったです!
Captain Anuheaさんの活躍、ぷからすむぬやー。
素晴らしいお話でしたよ。
DVDが出たらぜひご覧くださいね。

ふくうさん
早速の感想、たんでぃがーたんでい~~。
そちらも今年は蝉の鳴き声があまり聞こえないんですね。
諺には、なるほどなと思うもの多いですね。
昔の人は本当に凄いなーと思います。
B.サラさんは、歴史にも明るいですよね。
とても勉強になります。
畑のねずみ取りは、まーんてぃ
「追い込み漁の陸上版」のよう。
上手い表現ですね!
今回もご丁寧な感想をありがとうございました!
 

vol.438

 投稿者:ふくう  投稿日:2019年 8月 1日(木)20時38分28秒
  「サウガーナが訓えてくれるもの」
                         さどやま せいこ(城辺・新城出身)さん
蝉の鳴き声が少なくなった今年の梅雨が長雨だったからなのかアブラゼミの
鳴き声が聞こえなくミンミンゼミの声がいきなり聞こえて来たように思う。
蝉の種類ごとに夏が深まるのを感じるのが自然だったのですが今は蝉の鳴き
声が聞こえなくなったのは残念です。すでぃぐる ばっし がーす 抜け殻
を忘れた”蝉”恩知らずを表す諺んきゃーんじゅく。鋭い感性ですね。恩を
忘れてはいけないですね。蝉の声が無くなっているのも自然が壊れて行く事
なのかもしれませんね。うるさいほどの蝉の声が懐かしいです。

◇あの話をもう一度
「江戸上りと朝敏」vol.232  2010/11/18
         ビートルズ世代のサラリーマン(平良・下里出身)さん
首里から江戸上りの一員として上京し幕府の御用寺として使われていた本誓
寺に宿泊し学んだ場所。今江東区清澄にあるのですね。琉球王朝のエリート
として生まれ15歳、19歳2度の江戸上りでの文学の勉強でその後の作品の元
となり考え方も影響を受けたのですね。300年も前に江戸へ留学した事だけで
も大変な事ですね。琉球の和文学者としても名作を残しこれからの時に34歳の
若さで処刑された事は何かきな臭い臭いを感じますね。琉球朝廷が唐と大和
の狭間での苦悩も今の基地問題や尖閣問題も当時の状況と同じかもしれない
可能性がありますね。

「ゆむぬ とぅず(ネズミ捕り)」   松谷初美(下地・高千穂出身)さん
昔はネズミとかノミ、シラミなど衛生上非常に悪い状況でしたね。畑のネズミ
取りを集団で行っていた。魚の追い込み漁の陸上版みたいですね。それだけ
多くいた証ですね。今は消毒薬などで見ることは無くなったかもしれませんが
大事な物も一緒に消えてしまったかも知れませんね。現代では熊やイノシシな
どの野生動物が畑を荒らしているニュースが多くなりました。ネズミ一匹が
5セント駆除の代金としては高額?だったかも知れませんね。猫も5セントを
意識していたら面白いですね。トムとジェリーデズニーの世界ですね。
 

遅ればせながらおめでとう!

 投稿者:B.サラ  投稿日:2019年 7月31日(水)22時50分39秒
  堰を切ったような連投で申し訳ない。

遅くなりましたが、Captain Anuhea殿、宮古方言大会審査員特別賞受賞、おめでとう御座います!

貴方の新里教室でのミャークフツの挨拶を聞いた時は、本当にビックリしました。
あの時の衝撃は今でも さらーと(鮮明に)覚えています!

暫く、会う機会がありませんでしたが、今年の初めお会いした時は、更に上達していて嬉しかったですね。

絶滅の危機にある宮古方言を島外の若い人が興味を持って下さる事に感謝です。

方言大会のDVDがでたら是非入手して見たいと思います。

C.Aさん(勝手に略記しました)、またお会いして、ミャークフツで会話するのを楽しみにしています!



 

新宿エイサー祭り

 投稿者:B.サラ  投稿日:2019年 7月31日(水)20時18分38秒
  先週、新宿で開催された「新宿エイサー祭り」を観てきました。
梅雨明け前でしたが、照りつける太陽の下、沢山の観客で賑やかでした。
B.サラは、いつも仕事の関係で夜の部の参加でしたが、今年は、初めて昼の部に行きました。
関東の団体や子供の団体等様々な団体が繰り広げる迫力の演舞を堪能しました。
もちろん、本場沖縄からのエイサー隊の演舞は圧巻でした!
海外の観光客も大勢いて体でリズムをとって笑顔で楽しんでいました。
腹に響く太鼓の音、勇ましい掛け声、躍動感のある演舞、観客を和ませるチヨンダラー。
そして、何よりも、演者の笑顔が良いです。
この日ばかりは、サンシン、パーランクの にー(音)が鳴り響き沖縄と化した新宿の街でした。
久々に沖縄のエネルギーを身体一杯チャージして帰途についたB.サラでした。
 

vol.437感想

 投稿者:B.サラ  投稿日:2019年 7月31日(水)19時28分17秒
編集済
  皆さん、こんばんは~。
暑いですねー!
久し振りに「くま・かま」の感想です。

「母ちゃん何人できるかな??
~宮古弾丸ツアーで母校を訪ねる~」 宮国優子さん
何よりも宮古島で高校生活を過ごしたいという娘さんの行動力にビックリしました。
優子さん、娘さんは大丈夫。
島の皆んなに愛され、ピサラふつでガールズトークを楽しむ、
素敵なサイガ族になりますよ。
B.サラには見えている。
たまに東京から様子を見に来た優子さんに「はい、母ちゃん、アンタは何をクキークキしているか」と 、
立場が逆転した親子の会話をしている娘さんの姿が。
B.サラからまい  お願い  すーっとー。
かけがえのない青春ライフを送れるよう、んーなし(皆んなで)  みばかりふぃーるよー  宮古の母ちゃんたち。

◇あの話をもう一度
「あんぱず(蜘蛛の巣)」  宮国勉さん
改めて、宮国さんの観察力の素晴らしさを感じます。
特に、あんぱずの気持ちになっての描写は秀逸ですね。
宮古の動植物に疎いB.サラの愚問に、いつも、ニコニコした顔で付き合ってくれた姿を思い出します。
有難う。
Rest In Peace tuTOM

ふくうさん、初美さん
クイズの回答、有難うございます。正解です!
「うすんきゃ」の反対語は「しゃーぱり・しゃーばり」ですね。
B.サラも神童さんの話を読むまで知りませんでしたよ。
ふくうさんの感想で、「大阪人」の件で一瞬?と思ったのですが、おうみ=近江=大阪だと分かって、なるほど~!でした!
感想有難うございました。
 

「おーみざか」のその後

 投稿者:B.サラ  投稿日:2019年 7月30日(火)13時06分43秒
編集済
  こんにちは。

皆さん、お元気ですか~。
関東は梅雨が明け、うだるような暑さです。

初美さん、vol.437では大変お世話になりました。

「おーみざか」について、その後色々調べましたので、報告します。
あくまで私見なので、気楽に読んでください。

ウェブ古語辞典を調べたところ、次のような古語を見つけました。
--------------------------------------------------------------------------------
お・む 【怖む】気おくれする。おじける。
出典:弁内侍日記(べんのないしにっき)「おめたる鬼かなとて人々笑はせ給(たま)ふ」
[訳] 気おくれしている鬼だなあと人々はお笑いになる。
自動詞マ行下二段活用 活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}
-------------------------------------------------------------------------------
この古語が「おーみ」の原形ではないかと思い、B.サラ流に活用形を作って調べてみました。
  未然「おーま(ん)」、怖気づかない
  連用「おーみ(たー)」、怖気づいた
  終止「おーむ」、怖気づく ※「む」又は「ん」
  連体「おーみ(むぬ)、おーみ(ざか)」、臆病者、臆病野郎
  已然「おーみ(にゃーんすが)」、怖気づいてしまったが
  命令「おーめ」、怖気づけよ
古語【怖む】はマ行下二段活用でしたが、{ま/み/む/み/み/め}の四段活用になり、
「おーみ」は終止形「おーむ」の連体形になります。
なお、終止形「おーむ」は、古語【怖む】がomu→oomu→o:muと変遷したものと思われます。

また、色々わかればご報告します。
 

vol.437 発行!

 投稿者:初美  投稿日:2019年 7月21日(日)06時49分58秒
  こんにちは~。
東京に来ています。
東京は雨が降ったり、やんだり すぷーすぷ(湿っぽく)しています。
梅雨はなかなか明けそうにないですね。

vol.437発行しました!
どちら様も ゆみふぃーさまちよ~。

メルマガの編集後記にも書きましたが
7月13日に開催した第26回「鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会」で
Captain Anuheaさんが「みゃーくふつとの出合い」と題して発表し、
審査員特別賞を受賞しました。素晴らしい発表でした!
最優秀賞の市長賞は天久富雄さん(城辺出身)
教育長賞は知念博正さん(多良間出身)
文化協会長賞は下地朝盛さん(城辺出身)がそれぞれ受賞しました。
その模様が地元の新聞に紹介されています。
ぜひ、ご覧ください。
宮古毎日新聞社 http://www.miyakomainichi.com/2019/07/121840/

vol.435,436発行後もレスもせず、大変失礼しています。
申し訳ありません。

クイチャーマンさん
「みゃーくふつの会」発足されましたね~。
予想以上の方が参加されたようで良かったですね。
また、それぞれの地域の方が役員もされるとのこと。
素晴らしいですね。
くま・かまも文化協会も連携を図りながら
何かできることがあればと考えています。
よろしくお願いします。

ふくうさん
感想も頂いているにも関わらず、大変失礼をいたしております。
毎回、たんでぃがーたんでぃ~。

vol.435
Motocaさんのお嬢さんは、小さい頃に田植えの経験ができたのは
良かったですね~。
ふくうさんのところでは当たり前のことだったんですね。
お米は日本の食の文化の基本ですね。
淳さんの「大戦とともに散った旧七原集落の話」は
七原出身の淳さんならではですね。
忘れず、次にも伝えていきたいですね。
郁乃さんの紹介したゴリさんの映画「洗骨」、長崎さんの写真集
脈々と繋がれてきた歴史が現れている作品ですね。
郁乃さんのまなざしも温かい。

vol.436
6月下旬から7月初めには、沖縄のサガリバナの開花の様子が
ニュースになりますね。幻想的な美しさがあります。
環境保護クラブの方たちの活動は本当に素晴らしいです。
ぜひ、この時季に来島されたらご覧くださいね。
菜の花の子どもの頃のヤラウギーとの関わり方、いいですよね。
当時は、当たり前の遊びだったと思いますが、
ふくうさんが書いていらっしゃるように「大変贅沢な時間」ですね。
今、バブル真っ最中の宮古。キムキムさんの憂い分かりますね。
最近、何か集りがあるとまず話題になるのがそのことです。
自然環境、守っていきたいですね。

vol.437
優子さんのお嬢さんの宮古好き。うれしいですね~。
郷土史サークルを作るというミッションも素晴らしいですね。
宮古で過ごして見える宮古もまたお母さんと共有していくことでしょうね。
宮国勉さんの「あんぱず(蜘蛛の巣」の観察力、すごいですよね。
「巣を張る手順の16工程宮国さんが蜘蛛になって書かれたように感じますね」
↑まーんてぃ(本当に)!
B.サラさんの、性格を表す方言の話、うむっし(面白い)ですね~。
「ぼらふきゃ」「ばみきゃ」音は楽しく聞こえるんですね。
語源を調べているいくとおっしゃるように「面白い発見」に繋がりますね。
「しゃーぱり」は果たしてー?(笑)

sachiyoさん
宮古での先月の上映会、お疲れ様でした。
たくさんの方がいらしていましたね。
そして、今日もあるんですよね。
第2部に登場される、天久富雄さんは、先の方言大会で市長賞をとった方です。
楽しいお話が聴けることでしょうね。
私は残念ながら行くことはできませんが、盛会をお祈りしています。

琉球松さん
第3回宮古島文学賞のポスター、貼り付けてくださり
たんでぃがーたんでぃ~~。
全国の県庁所在地の公立図書館、沖縄県内の公立図書館等に
ポスター、チラシ、申し込み書を送付しました。
どなたでも応募できます。
興味のある方は、(一社)宮古島市文化協会のホームページに
ぜひ、アクセスしてくださいね。
HP http://miyakobunka.com/
Coralway、南西航空時代からほとんど持ってらっしゃるとは
凄いですね~!
私も乗るたびにお持ち帰りしてます。

Captain Anuheaさん
第26回鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会への出場、お疲れ様でした!
私は舞台袖で見ていましたが、方言も上手でお客さんの心もつかみ
とても素晴らしかったです。
私の隣で見ていたスタッフも驚くやら感激するやら。
審査員特別賞受賞、おめでとうございます!!
DVDが完成しましたらお知らせしますね。

しもじよしおさん
「がんまり」についての解説、たんでぃがーたんでぃ~~。
音の変化は、規則的なものもあったりして面白いですね。
B.サラさんも書いていましたが
「宮古方言のルーツを調べる作業は、とても楽しいものです」ね。

さとみさん
Coralwayの紹介、たんでぃがーたんでぃ~~。
さとみさんも宮古について紹介していますよね!
さすがだなーと思いました。
7月8月号ですので、機会のある方はぜひご覧くださいね。
「島くとぅばシール」なるものがあるとは、すっさったん(知らなかった)!
分かりやすくて、かわいいですね。
 

レンタル掲示板
/485