teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ありがとうございます・2(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


猛暑!

 投稿者:B.サラ  投稿日:2018年 7月20日(金)23時28分29秒
編集済
  猛暑が続いていますが、くまかまのみなさんお元気ですか。
連日の猛暑、今年は異常ですよね。
昨日のテレビでは、猛暑も豪雨や台風と同じように
災害として対処しなければならない時代になったといってましたね。
地球規模で起きているこの異常気象、今後地球はどうなっていくのか心配です。

一昨日、仕事で埼玉県中北部へ出かけましたが、
車についている車外温度センサーの数値は、どんどん上昇し、
熊谷辺りを過ぎる頃には、40℃をはるかに超え42℃まで上がりました!
車のセンサーは、路面温度の影響があって実際の観測温度と違いますが、
まさに殺人的な外気温度です!

ふくうさん
久しくお会いしていませんが、お元気ですか。
早速の感想ありがとうございます!

初美さん
台風8号↓は心配した通り宮古島直撃コースになりましたね。
大きな被害は無かったようですが、
一部マンゴーへの被害や停電が発生したとのこと。
通過前後のブーギの写真、上陸後反対方向からの吹き返しが分かります。
まさに、「ブーギも人もワイてぃどー!」(笑)ですね。
vol.413ではお世話になりました。
◯島にお墓だけ残っていて、島外で暮らしているケースは多いのでは。
そんな事も思いながら書きました。
私は三男なので気楽ですが、お墓を守って行く家長は大変だと思います。
◯アモイさん、お元気でしょうか。
墓掃除もそうですが、地域の後継者不足は深刻ですね。
昔からの祭りや催事が失われて行くのは寂しいです。
◯会社に石川県出身の女性がいるので、おわら風の盆の事聞いてみたら、
富山で働いていた時、職場単位で参加した経験があるって!言ってました。
私もテレビで何度か見た事がありますが、風情がありますよね。
 
 

vol.413

 投稿者:ふくう  投稿日:2018年 7月19日(木)21時13分32秒
  「守り神」     ビートルズ世代のサラリーマン(平良・下里出身)さん
お盆の季節ですね。関東は7月田舎は旧盆で8月に行います。子供時代はお盆の前に
お墓の掃除は子供達の役目でした。草刈りをし墓石を磨き花瓶を洗い水を汲みお盆
のお供えを乗せる台を据え付け代替2時間ぐらいの仕事でした10年ぐらいはやって
いたかと思います。何人眠っているのかは解りませんでしたが今では両親、祖父母
祖祖父母が眠っているので6人は居ると思われます。実家には長男がいるので今でも
お盆は長男がやっていると思います。今どきは空き家が増えた分お墓も孤立してし
まっているようです。田舎も少子化による人口減はお墓にも影響及ぼしていますね。

◇あの話をもう一度
「里の祭祀の話」 vol.92 2013/5/16   アモイ(平良・宮原出身)さん
田舎では多宗教で氏神様や神社祠などがありそれぞれにおばあさん達が集まって
宴会を開いていました。子供もおばさんに連れられて集まっていました。確かに
月に一回は何かしらの集まりがあったようです。今どきは神社のお祭りのみこしを
担ぐ人がいなく年寄りだけで開催している状況だと長男がぼやいていました。やは
り少子化による人口減がいろいろな行事も開催できなくなっているのが現状との事
伝統ある行事は大切な文化なので継承されるように何かしらの方法を取って欲しい
と思います。

「おわら風の盆とクイチャー」     松谷初美(下地・高千穂出身)さん
盆踊りは全国各地にありますね。秋田にも西馬音内の盆踊りがあり幻想的な踊りで
有名になっています。クイチャーは”動”盆踊りは”静”を感じますね。民謡のあ
るところには踊りがある。全国各地でご当地の踊りがありますがクイチャーは他県
とは違った踊りだと思います。おわら古謡も原点は豊年を祈る踊りなので同じかと
思いますが、クイチャーは圧倒的に動を感じさせますね。地域地域での行事やはり
その土地を訪れて文化を知ることが大切なのですね。
黒部ダムの放水は絶景ですね。

今回もありがとうございました
 

台風8号続き

 投稿者:初美  投稿日:2018年 7月11日(水)19時42分11秒
編集済
  こんばんはー。
下↓のタイトル台風18号になってますね。
失礼しました。

台風8号は朝には去って行きました。
お見舞いメールなどありがとうございました。
停電がなければいいなと期待していましたが、
昨日夕方から停電し今朝お昼前に回復。
水やガスは大丈夫でしたので何とかなりました。
朝早くからうまかまで台風の後片付けする姿がみられました。
台風後は、仕事にかかる前に掃除からです。
マンゴーの被害が出たところもあったようです。
ブーギは、横倒しになりましたが
回復することでしょう。
昨日は、最初北寄りの風で、その後東南の風になりましたので
見事に反対を向いています。

ブーギも人もワイてぃどー!
 

台風18号!

 投稿者:初美  投稿日:2018年 7月10日(火)17時25分55秒
  掲示板

こんにちは!
今、宮古は台風8号の真っ只中です。
午後4時前に台風の目に入り、何事もなかったかのような静けさでしたが
4時半頃には再び、風ビュービューです。
風も北西から南に変わりました。
停電しているところもあるようですが、今のところうちは大丈夫です。
キビは横倒しになっていますね。
それ以外は近所は特に被害は出ていない感じです。
1週間前の大雨で吉野海岸は、土砂崩れがありました。
地盤が緩んでいるところが他にもあると思うので
気になりますね。

クイチャーマンさん
宮古総実の活躍、素晴らしいですね!
書き込みから、実況中継を聞いているかのような臨場感を味わいました。
宮里先生も喜びひとしおだった事でしょうね。
お知らせ、たんでぃがーたんでぃ!

ふくうさん
感想たんでぃがーたんでぃ~~。
方言大会の人気は衰えることを知らず
宮古の人たちの方言に対する思いを
感じます。
いつか、ふくうさんも見にいらしてくださいね!
オトーリの口上の上手な人、いますよねー。聞いているこちらも嬉しい気持ちになります。
やっぱり、方言でやれるようになりたいですね~。
M oto c aさんのお話と同じような経験かふくうさんもあったんですね。
おばあちゃんの気持ちがぴったりと合って感じる事ができたのかもしれないですね。
今回もご丁寧な感想をありがとうございました!

B.サラさん
ありがとうございます。
久しぶりの大型台風に、宮古では対策に追われました。
みんな、早くから、電池や網、ローソク、携帯の充電器、食料などの準備を始め
昨日は、スーパーやコンビニなど棚がガラガラでした。
私も水の確保(風呂に水を貯める。ペットボトルに水を入れ冷凍庫へ)や食料の買いだめなどなどやりました。
何事もなく無事に過ぎるのを願うばかりです。
 

万全の対策を!

 投稿者:B.サラ  投稿日:2018年 7月10日(火)12時47分43秒
  大型台風8号が宮古に向かって進んでいますね。
これから雨風とも更に強まります。心配です。
宮古島のみなさん万全の対策で台風に備えて下さい。
 

vol.412

 投稿者:ふくう  投稿日:2018年 7月 9日(月)20時10分6秒
  「第25回鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会」
                 松谷初美(下地・高千穂出身)さん
第25回方言大会宮古毎日新聞でもみました。宮古の人の方言に対する思いが強く感じ
られますね。インターネットの普及により情報の伝達時間が早くSNSなど誰でもが
世界のニュースが読めるようになり地方からの発信情報も日本だけでなく世界に広
がる時代になり宮古方言も世界各地から注目を集めているようになっている事と思
われます。各地区の文化を継承する上では方言の大切さが各地区で言われるように
なってきているようですね。生まれた時からの言葉はDNAとして脳の芯に刻みこまれ
ているのですか大変大切なものですね。此れからのますますの発展祈ります。

◇あの話をもう一度
「ミャークフツ講座 オトーリ口上編」vol.54 2003/6/19
                               なー坊(上野・上野出身)さん
オトーリの口上は人を表す演説ですね。自分の思いで集あった人達への寸評が大変
上手な人がいますね。観察眼が鋭いというか人の心が読めるというのか何かしらの
透視術を持っているのかなと思われる人もいますね。すらぶうちや入学祝、結婚式
各行事の飲み会それぞれでのオトーリの口上はみやこふつだからの表現力だと思い
ます。標準語の口上では気の抜けたビールで味も素っ気もないような気がします。
いきなり指名されて気の利いたことを言うのはなかなか普段から練習していないと
出てこない気がします。オトーリも訓練しないとうまくできになと思いました。

「ふふぁよなかの、ぴるますぱなす(暗い夜中の、不思議な話)」
                     Motoca(平良・下里出身)さん
夢の中でおばあさんが曾孫さんに会いに来られたお話。多分現実で夢ではなかった
と思います。自分の高校の同級生が亡くなった時に同じような体験をしました。今
でも鮮明に覚えています。体が動かなく同級生の顔が手の届く距離に近づいて何か
話かけられているのですが意味が聞き取れずもどかしい思いをしていました。霊に
は何かしらのエネルギーがあると思っています。そのエネルギーは当事者しか感じ
られないエネルギーと思います。自宅のセンサーはそのエネルギーをとらえたので
はないかと思います。そう考えると亡くなった方もどこかで見守ってくれていると
思えるので大変うれしい現象ですね。涼しさより勝ると思われます。

今回もありがとうございました
 

宮古総実、延長12回サヨナラ勝ちでベスト16へ

 投稿者:クイチャーマン  投稿日:2018年 7月 9日(月)13時42分24秒
編集済
  お久しぶりです。

台風8号が宮古、八重山方面に向かっているという情報が気になります。
皆様、十分注意して早めの対策を立ててください。

今日9日は県内の新聞が休刊日ということなので、高校野球の宮古勢の情報を
まとめてお知らせします。

「夏の甲子園」が今年100回の記念大会ということで、例年以上に話題となっていますが、
先月23日に開幕した県大会も、沖縄代表の座をかけて、選手たちの意気込みが違います。

宮古島からは、宮古高校、宮古工業、宮古総実の3チームが出場しました。
宮古工業は初戦で前原に0対2で敗れました。
宮古は初戦の南部農林戦を相手に19対0の5回コールドで破りましたが、
7日の2回戦で未来工科に2対6で敗れました。

そうしたなかで、宮古総実は、初戦で同じ離島勢の久米島に3対2で勝ち、
2回戦は、8日(日)9時試合開始で中部農林と対戦しました。

私は3塁側のスタンドで父母会のお母さんたちと一緒に腰かけて応援しました。
父母たちの通路を挟んだ前方では、前の日に敗れた宮古高校の選手たち約20人と
マネージャーの女子、それに宮古島まもるくんが陣取って、太鼓を打ち、指笛を
鳴らし、ときに大声で歌い、吠えながら懸命の応援。私も指笛でリズムを刻むよ
うにして鳴らし続けました。
応援合戦では、宮古総実側が終始相手を圧倒していました。

先攻は中部農林。初回は両チーム無得点。
宮古総実は2回の裏、先頭打者の4番でエースピッチャーのじゅんぺい君の3塁打
などで1点を先取、有利に試合を進めました。

宮古総実は、4回にも安打3本などで2アウト満塁のチャンスを作りましたが、1番打者の
ライト、よしゆき君が三振に打ち取られました。

流れが中部農林に傾き、5回に四球とヒット2本で相手に1点を献上して同点にされ、
7回にも宮古総実のセンターの頭を超えた打球の処理にもたつく間にランナーが生還、
ランニングホームランの形で、2対1と逆転されました。

しかし、宮古総実は、7回裏、四球2つと死球、送りバントなどで2アウト満塁の
チャンスに、6番打者の1塁手たく君が打ち上げたセンターフライを相手がグラブに
当てて弾いた間に2者が還り3対2と逆転。2アウトだったのが逆に複数得点につながり
ました。

これで応援席は一気にもりあがりました。

ところが、8回表、中部農林は四球と死球で2アウト走者2塁、1塁の場面で、それまで凡退
していた6番打者がライト前ヒットで1点を返し3対3の同点に追いつきました。

8回の裏、四球で宮古総実がノーアウト1塁となったところで、中部農林は投手交代。
これが功を奏して、その回は無得点に抑えられました。

宮古総実は9回の裏、相手のショートゴロエラーと送りバントで1アウト2塁の場面で、
当たっているじゅんぺい君がライト前にヒット。2塁からつよし君がサヨナラを信じて
一気にホームに駆け込み滑り込みました。セーフでもアウトでも納得するようなクロス
プレーでしたが、審判は無慈悲?にも右手を上げて「アウト」の宣告。

試合は結局3対3のまま延長戦に入り、両チームの投手がともに11回まで打者を抑え
ました。

迎えた12回。
中部農林を3者凡退に打ち取ったあとの宮古総実は、期待の4番・じゅんぺい君からの攻撃。
しかし、じゅんぺい君は残念ながらキャッチャーフライで凡退。
5番打者はじゅんぺい君の弟のしゅんすけ君。そのしゅんすけ君は死球で出塁。
6番のたく君は内野ゴロで2アウト1塁。チャンスがしぼむかに見えました。
7番打者は、4回にセンター前ヒット、延長10回にはアウトになったもののいい当たりのセン
ターライナーで調子が上がってきていた1塁手のりお君。
スタンドでお母さんのゆみさんが祈るように見つめるなか、りお君の打球は左中間を抜けました。
それを見ていたしゅんすけ君が1塁から全力でホームに駆けこみ、サヨナラ劇が完成しました。

応援席は蜂の巣を突いたような大騒ぎ。歓喜に包まれました。
選手が整列、校歌が流れ、手拍子が添えられました。

校歌の作詞者は城辺出身の宮里尚安さん。
その日は応援席に姿が見えなかったので、試合の結果をメールで知らせました。
夜遅く、宮里さんから喜びのメールがありました。

宮古総実のベスト8を掛けた3回戦は15日(日)11時30分試合開始。コザしんきん球場で。
相手はセンバツ出場の実績もある嘉手納高校。
しかし、宮古総実は、数年前、選抜優勝の実績を誇る沖縄尚学に部員わずか10人で挑み、
6対4で勝利するという殊勲の戦績もある。大いに期待しよう!

私はその日開かれるサニツ浜カーニバルで与那覇ヨンシーを踊るために航空券をゲットして
しまっているので、残念ながら応援に行けない。

沖縄本島の宮古島出身の皆様
応援よろしくお願いします。
うわたが おうえんしー かたしふぃーさまち
(みなさんの応援で勝たしてください)

 

vol.412 発行!

 投稿者:初美  投稿日:2018年 7月 7日(土)20時34分38秒
  こんばんは~。
ぷぷあみ(大雨)が降り、あちこちで大きな被害がでていますね。
この後も雨が続くようです。
どうぞ、お気をつけください。

5日は宮古にも50年に一度という、うぷあみが降りました。
大きな被害はありませんでしたが、
あちこちの道路で冠水があったようです。

vol.412発行しました!
ゆみふぃーさまちよ~。
感想もよろしくお願いします。

宜野湾ぬ清さん
「サムイ」についての詳しい、情報をたんでぃがーたんでぃ~。
「サムイ」は、宮古以外でもあるようですよね。
娯楽の少なかった昔。
お父たちが楽しそうにやっているのを見るのは
子どもながらうれしいことでした。
「サムイ」を知っている人も少なくなりますね。
 

済州島事件とビエスケ島島民の闘い

 投稿者:宜野湾ぬ清  投稿日:2018年 7月 5日(木)08時06分21秒
  最近、乗松聡子『沖縄は孤立していない 世界から沖縄への声、声、声』(二〇十八、金曜日)を読みました。
狭い面積に広がる広大な米軍基地に対してNOを
突き付ける『言語学の父」ノーム・チョムスキーや映画監督オリバー・ストーンなど
世界の著名人たちからの胸を打つメッセージが溢れています。
琉球独立を夢見る者の一人としてこれまで知らなかった以下の情報を
記しておきたいと思います。
 一九四八年の「サムイ事件」。戦後独立を志向したため多大な犠牲者を
生んだ事件をあげてみる。韓国最大の島である済州島では南北統一された
自主独立国家を願う市民がほとんどで、南朝鮮単独の選挙に対して反対する
者が多かったため、警察や軍、右翼組織に迫害を受けた。四月三日の島民の
蜂起から始まった「済州島4・3事件」では六万人にも及ぶと推定される
市民が虐殺された。この人たちは「アカ」とか「共産主義者」というレッテルを
貼られた。米国にとってこの人たちは脅威であり、容認できなかったのである
(267)。そのため在朝鮮米陸軍司令部軍政庁は地元警察や右翼青年団体を
済州島に送り込み、白色テロを行った。
 次に「熱く胸を揺さぶり元気が出る情報」。自国の領土から米軍基地を
撤去させた例をあげよう。カリブ海に浮かぶ米国の自治領プエルトリコの
ビエスケ島では九九年、爆撃演習を行っていた米海軍機の誤射で民間人
警備員が死亡、米軍基地反対運動に火がついた。演習場内の座り込みなど、
一五○○人もの逮捕者を出した粘り強い市民による不服従運動の末、二○○三年
ついに米海軍はビエスケ島から撤退した。(277~78)
 私の夢は二〇二十五年に琉球民主共和国を樹立し、すべての基地を撤去することです。

 

大人の遊び「サムイ」

 投稿者:宜野湾ぬ清  投稿日:2018年 6月26日(火)16時45分38秒
  初美さんのお蔭でこの遊びの名称が「ぐっくな」ではなく「サムイ」であることが
分かり、ネット検索すると以下のような情報がありましたので、参考までに送信します。
右利きの人は左手にお箸を三本もち、右手の五本の指を使って0から5までの数字を
掛け声と同時にだし、両者の指数の合計を当てた人がまず1勝となるみたいですね。
1ゲーム3回戦制で2勝先制した方が勝ちのようです(以下の説明では先に3勝と
なっていますが?)。いかがですか城辺の皆さんの様に
楽しめそうですか?

「グックナァ、テーチ、ヤーツ」。これは昔から宮古島の酒座などで
箸を使い指をつきだして行う大人の遊びの「サムイ」である。
呼び名は「ピテーツまたはティティー(1)、フターツまたは
タッター(2)、サンサー(3)、ヨーツ(4)、ゴゴーユ(5)、
ムーチ(6)、ナナーユ(7)、ヤーツナ(8)、キューッキュ(9)、
タライ(10)」と10までの数字を声を出し合い、言い当てする
遊びで手の数の合計数字をピタリと当てた方の勝ちとなる。
サムイはふたり向かい合って座り、それぞれ片方の手を出し合い
二人が出した手の数を当てるというもの。 またその二人の前には
3本の箸がおいてあり、勝ったほうがそれぞれ一本ずつ取る。そして
先に3本を手中に納めたほうの勝ちとなる。
この遊びは首里王朝時代に中国から沖縄に入ったと言われているが定かでない。
沖縄本島でも同じようなものがあり「サミ」と呼ばれているという。
この遊びもいまは城辺町の祭りなどで行れているものの子どもの世界では
知っている子は少ない
 

レンタル掲示板
/469