新着順:52512/57322 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高松宮記念、ちょっと欲張り過ぎたかな(苦笑) しかし馬連470円てきちうヽ(´∇`)ノ

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2013年 3月24日(日)17時09分54秒
  通報 編集済
  さすがにエピセアローム武豊は欲張り過ぎましたか(苦笑)。
が、馬連2点的中で、ホッとしてます。
本日最終日である福山競馬からの導きになるグランダム・ジャパンとグローバルスプリントとの関係もきちんとやってくれましたね。



それにしても3着のハクサンムーン酒井(さかい)。

●ギャンブル他種目のオートの佐藤摩弥さんのことは書きましたが、同期の女子選手で事故死してしまった方のお名前が坂井(さかい)宏朱さんという方。
●佐藤摩耶さんがジャパンCダートのイジゲンのことを持ち出していたら、ジャパンCダートの2着の6枠左12番やダントツ1番人気の「ロ」馬名のロードカナロア(あの時はローマンレジェンド)を絡ませつつ、酒井騎手さえ絡ませちゃう。

高松宮に対する「ギャンブル他種目」がこれほどにも大事だとは。
まだまだ勉強せねば。



================
□中京メイン/
高松宮記念
================

まずは買い目から。

================
◎連対馬A:
2枠右3番エピセアローム:武豊
6枠右11番ロードカナロア:岩田康
のどちらか。
----------------
◎連対馬X:
6枠左12番ドリームバレンチノ:松山
================
馬連:
03-12(50%)
11-12(50%)
----------------
三連単:
03,11→12→03,09,11
12→03,11→03,09,11
以上8点。
================



ジェンティルドンナが出走するドバイシーマクラシックの前週に、この出馬は、

(1) ジェンティルドンナの昨秋ジャパンCと同じ17頭立てとしてきたこと。
(2) 8枠から1枠へのズレは元8枠レースの継続であるとき、大事な大事な1枠1番アドマイヤセプター池添(アドマイヤグルーヴ産駒で、セプターは「海外の名馬」のこと)は、

●昨秋ジャパンCの8枠に居たジェンティルドンナ【海外レースの名馬】
●やはり昨秋ジャパンCの8枠に居たオルフェーヴル【池添】

ジェンティルドンナ岩田もオルフェーヴル池添も両方のことを言っているように読めること。

(3) 尚且つ8枠が、

8枠右15番サクラゴスペル横山典(オーシャンS1着)
8枠左17番ダッシャーゴーゴー川田(オーシャンS2着)

昨秋ジャパンCの8枠右15番→8枠左17番を彷彿させるかのようにオーシャンSの同時連対馬を置いてきたこと。

以上の3つで判るように明らかに昨秋ジャパンC言ってきたのですから、このレースのテーマはジェンティルドンナ岩田康(石坂正調教師)の応援レースですし、アドマイヤセプター池添や8枠の同時連対馬同居を考えるとオルフェーヴル池添のことも繰り返す可能性が大でしょう。



また高松宮記念はグローバルスプリントチャレンジ第2戦であり、高松宮記念はローカル競馬でもあり、ローカル競馬では世代別牝馬重賞シリーズ『GRANDAME-JAPAN(グランダム・ジャパン)』が行われ、本日はローカル競馬の福山競馬の最終日でもあるとき、

●国際レースのグローバルスプリントチャレンジ第1戦「ライトニングステークス」
●なぜか問題の福山競馬で行われたグランダム・ジャパン第1戦「若草賞」

この比較をしておくことは大事です。
そうすると、

================
□ライトニングS(8頭立て)
1着 2番Black Caviar
2着 3番Moment of Change
3着 1番Golden Archer
--↓↓↓--------
□若草賞(8頭立て)
1着 3枠 3番ウォータープライド兒島真
2着 1枠 1番ホクザンルージュ田中学
3着 8枠 8番アラマサシャープ赤岡修
================

一目瞭然、2・3着のズバコン。
ならば当然、先日の21日に行われた浦和・桜花賞(グランダム・ジャパン第2戦)が、グローバルスプリントチャレンジ第2戦である高松宮記念に繋がる可能性は高いでしょう。

================
□浦和/桜花賞
1着 1枠 1番イチリュウ的場文(超ベテラン騎手)
2着 2枠 2番アステールネオ石崎隆(超ベテラン騎手)
3着 6枠左7番カイカヨソウ今野忠
================

●ライトニングS→若草賞のように出目が一発で絡むのか。
●浦和・桜花賞はゾロ目・接触目だったから、高松宮記念もゾロ目・接触目となるのか。
●浦和桜花賞は超ベテラン騎手のワンツーだったから、高松宮記念も武豊・横山典のベテラン騎手が絡むのか。

このいずれかのことは考えねばならぬでしょう。



まずはジェンティルドンナ岩田康(石坂正調教師)ですが、普通は香港で国際レースを勝っているロードカナロアに乗った岩田康の方に目が向くと思います。
勿論、これでも良いです。
しかし大事な大事な1枠1番アドマイヤセプター池添(橋田調教師)の橋田調教師は日本調教師会の会長さんで「調教師さんの方が偉いんですよ」と言っているようにも読めるのですから、ジェンティルドンナの石坂正師のことも考えねばなりません。
エピセアローム武豊こそその石坂正師なのです。
またジェンティルドンナの戦歴のことを考えたとき、このレースの8枠大外川田は、岩田康がNHKマイルCでのラフプレーで乗り替わりになったオークスで1着した騎手なのです。
つまり岩田康を買うのは見直して、代理のジェンティルドンナのことも考えてくださいね、とも読めるわけですね。
やはり石坂正師のエピセアロームは有り得るでしょう。



また8枠から1枠へのズレは元8枠レースの継続であるとき、このレースのアドマイヤは土曜・阪神の毎日杯の8枠大外に置かれたアドマイヤツヨシのアドマイヤなのですから、出目・騎手・人気である、

================
□毎日杯
1着 5枠右6番キズナ武豊(ダントツ1番人気)
2着 4枠左5番ガイヤースヴェルト/シュタルケ
3着 4枠右4番バッドボーイ川田
================

●ダントツ1番人気ならばロードカナロア岩田康なのか。
●騎手ならば武豊のエピセアロームなのか。

このどちらかが絡む可能性は大でしょう。



次にオルフェーヴル池添ですが、17頭立てジャパンCではジェンティルドンナ岩田康(石坂正調教師)の同枠に置かれたのですから、

●仮想ジェンティルドンナであるエピセアローム武豊(石坂正師)の同枠のスギノエンデバー北村友
●同じく仮想ジェンティルドンナであるロードカナロア岩田康の同枠のドリームバレンチノ松山

のどちらかですね。
普通は、オルフェーヴル池添の兄弟馬にドリームジャーニーの「ドリーム」が居るのですからドリームバレンチノの方で構わないでしょう。



また高松宮記念の「高松宮様」はギャンブルの他種目である競輪やオートのレースタイトルにも付けられているのですから、今週のギャンブル他種目からのサイン発信にも気をつけるべきでしょう。
ならば今週はオートレースで佐藤摩弥さんという女子選手が、女子選手としては史上初の優勝をして、自分の車名の由来であるイジゲンは「昨秋のジャパンカップダートで応援してた」という話題があったのですから、

================
□ジャパンCダート
1着 7枠左14番ニホンピロアワーズ酒井
2着 6枠左12番ワンダーアキュート和田
3着 5枠右9番ホッコータルマエ幸
4着 5枠左10番ローマンレジェンド岩田康(ダントツ1番人気の「ロ」の馬)
着外 4枠左8番(外)イジゲン/ムーア
馬連12-14 4,290円
================

●イジゲンのポジションを使うか。
●出目を使うか。
●配当を使うか。つまりダントツ1番人気が飛んで中穴となるか。

いずれかはしてくれるでしょう。

================
□高松宮記念
6枠右11番ロードカナロア岩田康(ダントツ1番人気の「ロ」の馬)
6枠左12番ドリームバレンチノ松山
7枠右13番ハクサンムーン酒井(ジャパンCダートの1着騎手)
================

ジャパンCダートでローマンレジェンドと酒井に囲い込まれた6枠左12番が馬券になったように、ロードカナロアと酒井に囲い込まれたドリームバレンチノが馬券になっても良いのではないでしょうか。



また8枠アドマイヤ→1枠アドマイヤの関係となる毎日杯は、

================
□2012年/毎日杯(13頭立て)
1着 【5枠右6番】ヒストリカル安藤勝
2着 7枠左11番マウントシャスタ池添
3着 【4枠】右4番スピルバーグ四位
--↓↓↓--------
□毎日杯(13頭立て)
1着 【5枠右6番】キズナ武豊(ダントツ1番人気)
2着 【4枠】左5番ガイヤースヴェルト/シュタルケ(芝のレースにダート馬)
3着 【4枠】右4番バッドボーイ川田
================

●去年と同じ13頭立てにして、去年の3着である4枠右の同枠である4枠左を馬券にしてきた。
●芝のレースにダート馬であるガイヤースヴェルトは、4枠左の反対枠である5枠右を教えた。

というサインのスタイルでした。
ならば高松宮記念も、

●去年と同じ【2着馬】サンカルロ、その左隣に【3着馬】ロードカナロアという形なのだから、去年の3着馬であるロードカナロアのその同枠が馬券になる可能性がある。
●フェブラリーSで6枠右11番カレンブラックヒル秋山の枠位置のトイメンとなる3枠左6番エスポワールシチーが馬券になったように、ガイヤースヴェルトがトイメンの枠位置を教えたように、このレースの3枠右5番シルクフォーチュン/デムーロは枠位置のトイメンとなる6枠左が馬券になる可能性がある。

このような2つの角度で6枠左12番ドリームバレンチノ松山が馬券になっても良いのではないでしょうか。



そして大事にしたいのは、浦和・桜花賞(グランダム・ジャパン第2戦)との繋がりです。
再掲ですが、

================
□浦和/桜花賞
1着 1枠 1番イチリュウ的場文(超ベテラン騎手)
2着 2枠 2番アステールネオ石崎隆(超ベテラン騎手)
3着 6枠左7番カイカヨソウ今野忠
================

●ライトニングS→若草賞のように出目が一発で絡むのか。
●浦和・桜花賞はゾロ目・接触目だったから、高松宮記念もゾロ目・接触目となるのか。
●浦和桜花賞は超ベテラン騎手のワンツーだったから、高松宮記念も武豊・横山典のベテラン騎手が絡むのか。

6枠左のドリームバレンチノ松山を馬券軸にすれば、

●もしエピセアローム武豊ならば、浦和・桜花賞の2着の2枠と3着の6枠左の一発になる。しかもベテラン騎手の武豊が絡むことになる。
●もしロードカナロア岩田康ならば、浦和・桜花賞の3着の6枠左を使いつつ、浦和・桜花賞と同じようにゾロ目・接触目となる(ただしベテラン騎手は絡まない)。

が説明付くことになります。



あとは1998年なんですよね。

●フェブラリーSは1998年のフェブラリーSの馬連&万馬券を一発で使った。
●報知杯弥生賞は1998年のスプリングSのシステムを一発で使った。

私はその理由を「1998年は長野の冬季オリンピックがあったときだから、今は、東京オリンピックの招致に向けて1998年の大成功時をアピールしている」んだと思っています。
ですから3月タイトルである報知杯弥生賞で1998年皐月賞トライアルのスプリングSを使った以上、反対競馬に3月タイトルであるマーチSがある高松宮記念は、1998年の本番・皐月賞、
================
□1998年/皐月賞
1着 2枠右3番セイウンスカイ横山典
2着 6枠左12番キングヘイロー福永
3着 8枠左18番スペシャルウィーク武豊(単勝1.8倍のダントツの1番人気)
================

の一発があっても良いと思うのです。
のちの高松宮記念馬であるキングヘイロー福永の6枠左12番を大事にして、

●馬連03-12を一発で使うのか。
●馬番12番と、ダントツ1番人気を使うのか。

この2点にまとめます。
三連単の3着付けに去年の2着馬サンカルロ且つジャパンCダートの3着ポジションである9番をつけてみましたが、果たして上手く行くでしょうか。



================
馬連:
03-12(50%)
11-12(50%)
----------------
三連単:
03,11→12→03,09,11
12→03,11→03,09,11
以上8点。
================



--
Hayao Kimura(キムラハヤオ)
e-mail <hayao@accnet.co.jp>
homepage <http://www.accnet.co.jp/sign>
 
》記事一覧表示

新着順:52512/57322 《前のページ | 次のページ》
/57322