teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


大変です!

 投稿者:りり  投稿日:2017年 6月 3日(土)07時57分13秒
  ペット飼ってると朝が1番大変です!うちはゴールデンレトリバー オカメインコ2羽1才寿命の為死にそうな小桜インコと文鳥 セキセイインコ2羽いて小鳥達の餌やりが大変なんです それにアゲハチョウの幼虫も20匹いて(小さいのから大きくなった幼虫がいます)好きで飼ってるんですが毎朝生き物飼うのは大変なんですね!!  
 

 投稿者:りり  投稿日:2017年 6月 3日(土)07時49分9秒
  私は今ゴールデンレトリバー(15歳女の子)飼ってるんですが、その前に柴犬飼ってました。16年いきたんですが 死んで暫く経ってから私は畑にいて霧がかかっていて霧がスーと晴れた時以前可愛がっていた柴犬が鎖に繋がれて居たんです。私は鎖を取り柴犬は喜んで私を生きてる間台所の下が土間になっていてそこで飼っていたんですが 小屋まで犬は走っていきました!一緒にいてくれてありがとうといいたいし まだ舞は私の心にいます。  

 投稿者:りり  投稿日:2017年 6月 3日(土)03時23分40秒
  オカメインコチータ享年19才の夢をみました!あたりはぼんやり黄色がかっていてまるで灯の様にポツンと現れたチータ…導かれるようについていくと…そこは私が埋葬したお墓…でした。そして周りは霜がおりて少し雪がぱらついてる様な気が…そして目がさめたんです!!10年前に死んでしまったオカメインコの夢…  

陽炎七夕

 投稿者:りり  投稿日:2017年 6月 3日(土)03時08分6秒
  ☆夢☆はじめましてバラ私もうさぎが死んだ時綺麗な夢を見たんです雪結晶あたりはぼんやり明るくてそして…うさぎのmaーちゃんが鼻でゲージの扉を開けて私の方へ走ってきて私の胸に飛び込んで来たんです!!抱きついたmaーちゃんはとてもまるまる太ってました雪結晶動物のオーラはやはり白く黄色がかってると思いました雪結晶  

ローちゃんヘ…

 投稿者:パンダ  投稿日:2017年 6月 2日(金)02時06分54秒
  春を待たずに…。
春一番前夜、深い深い眠りについてしまったローちゃん。苦しかった最後の日々から解放されたあなたは、あなたの夢の中で今自由に元気に飛び回っているかな?あなたの夢の中に私はいるのかな?
今から思えば最後の数週間、おまえはいつになく甘えん坊だったね。仕事に行く前、放鳥からケージに戻そうとする私の手の平にヒシッ!とかじりついて[行かないで!もっとそばにいて!もっと愛して!愛して!]…本当にいじらしく、そして必死だったね。
なのに私は全然、その意味に気付かなかったよ…いつも通りの接し方以上の事は出来なかった…ゴメンね…きっとおまえは自分の運命に気付いてたんだろうね…。
49日を過ぎた頃、少しは悲しみにひと区切りついたかなって思ってた。ところ構わず涙を流すこともなくなってた。
でも先日、突然胸がキュッと苦しくなった。涙が止まらず嗚咽した。思い出が、涙が、次から次へと溢れて止まらなかった。カレンダーを見て日にちを数えた。それはちょうど100日目だった…。全然悲しみから卒業出来てない、夜が来る度に悲しみに再び飲み込まれちゃってるよ。
だからお願いだから、私の夢の中にもたまには遊びに来てね。いっぱいいっぱい愛してあげるから。そして私にいっぱい幸せをくれたあなたにいっぱいありがとうを言いたいから…だからお願いね。
 

私もセキセイインコ飼ってますバラ

 投稿者:りり  投稿日:2017年 6月 1日(木)07時52分48秒
  おはようございます♪私のセキセイインコは今年で3年位です。水色でスリムなインコで買う時は1番元気な鳥かを選びました。家はペットが沢山いてうさぎ ゴールデンレトリバー15才女の子☆オカメインコ2羽今年で1才バラセキセイインコ1羽3才 死にそうな小桜インコ14才がいます。去年の12月に小桜インココロちゃんが13年半で死んでしまいました。私も男運わるくて付き合ってても暴言はかれたり、病んでいました 彼と別れてから心にぽっかり穴があいた私の心の穴を埋めてくれたのはオカメインコチーコちゃんです。オカメインコは2羽飼っていて19年も生きてくれました  

今朝見たら亡くなっていました

 投稿者:ぽりん  投稿日:2017年 6月 1日(木)07時06分7秒
  9年一緒だったセキセイインコが今朝、息を引き取っていました。
病気で入院した時も、失恋した時も…
嬉しい時も悲しい時も一緒で、さみしがり屋な私といつも一緒に居てくれた子でした。

体調がおかしいな?と思って通院してから3ヶ月。
介護の毎日でした。

昨晩はまったく手から離れず、まるで自分の死を知ってるかのようでした…
今日が山かも…と思い朝を迎えると、やはり息を引き取っていました。

寂しくて寂しくて…涙が止まりませんが
優しい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。

またいつか会えますように
ポリンちゃん、ありがとう。
 

死にそうな小桜インコ

 投稿者:りり  投稿日:2017年 5月31日(水)18時57分56秒
  止まり木に止まるのが辛くて下でうずくまってる小桜インコりりちゃん。何故に小鳥達は寿命がくるとぐったりしてしまうのかな。14年生きました。去年の12月も小桜インココロちゃんが13年で死にました よく懐いていたコロちゃん。けど涙はでませんでした オカメインコは泣けました 一緒にいた時間が長かったから  

(無題)

 投稿者:こま  投稿日:2017年 5月30日(火)13時17分1秒
  もうすぐうちのいんこさんが落鳥して100日になります。
落鳥してしばらくしてから、小鳥やさんのホームページ見て、新しいひなの入荷情報を眺めています。
一区切りついたら、新しい子をお迎えするんだ、って思ってた。

でも気付いた。わたし、どこのペットショップにも近づけないんです。下見しに行ったっていいはずなのに。現実の自分は、近付こうとしてませんでした。ただ、画面で眺めていただけ。行こうかな、考えても、まだいい、今日はいいや、って誤魔化していた。

新しいヒナのお迎えなんてできないなあ。うちのいんこさんじゃないいんこさんを、まだ迎えるなんて、無理でした。
最近は泣かなくなってたのに、ペットショップに行って新しいヒナを見に行く、って考えただけで涙が出た。
死んじゃったけど、本当は、まだ、うちのいんこさんと一緒にいたかったなあ。
悲しいです。

いつになったら悲しくなくなるんだろう?
 

小鳥達は…

 投稿者:りり  投稿日:2017年 5月27日(土)00時56分23秒
  魂はきっと 森の中にいるような気がします  

思い出と共に…

 投稿者:りり  投稿日:2017年 5月27日(土)00時30分25秒
  心の中にまだ君がいる。心の灯火のように…  

今にも死にそうなりりへ

 投稿者:りり  投稿日:2017年 5月27日(土)00時25分58秒
  14年間ありがとう。去年の12月には小桜インココロが死に今度はりり…去年から葬式不幸続きが続いてて最近おこしてしまった交通事故…幸い怪我人はいませんでした!10年前にはオカメインコ享年19才チーコとチータが死に愛犬も15年…うさぎは9年…ボタンインコは10年…いろんな思い出と共に皆一緒にいて楽しかった  

私と同じです

 投稿者:りり  投稿日:2017年 5月27日(土)00時18分3秒
  はじめまして。私と似てるんです  

一番の宝物

 投稿者:ryo  投稿日:2017年 5月26日(金)12時21分48秒
  三日前に八年間飼っていたコザクラインコを亡くしました。自分が親が死んで一人ぼっちになってからお迎えした子です。黄色の羽がすごく綺麗な美人さんでした。
ツンデレな子ではじめはよくケンカしてた。でもデレだすと本当に天使のような可愛さ。俺が一人になってここまで生きてこれたのもこの子のおかげでした。可愛くてプライド高くて綺麗で賢くて。もっと一緒にいたかった。また一人になったやん。自分の本当の娘のように大事やった。。
でも仕事で忙しかったり遊びにいったりしてさみしい思いも一杯させてもうたね。俺はダメな飼い主やったと思う。自分のことばっかり。ごめんな。俺はお前の事ほんまにほんまに大事やった。一番の宝物、一番の家族。死ぬときは同事になってゆってたのに先いったね。後追いたいぐらい今つらいけどそんな事したらお前怒るよな。頑張るよ。さみしいけど。八年間こんな俺の傍におってくれてほんまにありがとうね。天国でいっぱい楽しみや!ほんでたまにでいいから遊びにきてね。ほんま今までありがとう。
 

4ヶ月が経ちました

 投稿者:お母さん  投稿日:2017年 5月25日(木)21時39分41秒
  可愛い、可愛い、女の子。
我が家の家族のインコちゃんが亡くなってから4ヶ月が経ちました。
あなたのことは、1日も忘れた事はありません。
毎日、あなたと同じ色の小さなインコちゃんのぬいぐるみと一緒に寝ています。
あなたが亡くなってしばらくは、とにかく辛くて悲しくて泣いてばかりでした。
そんな中、新しい家族をお迎えしました。あなたと同じ女の子です。
泣いていた家族に少し笑顔が戻りました。
お迎えしたインコちゃんにあなたのことをお話してあげています。
あなたの代わりはいません。いつまでも大好きです。
虹の橋から、私たち新しい家族を見守っていてください。
大好きです。いつまでも。
 

ピノちゃん大好き

 投稿者:くみ  投稿日:2017年 5月 9日(火)08時02分9秒
  2年3ヶ月前、初めてお迎えしたハルクインセキセイインコのピノちゃん。
1週間後に黄色のキョロちゃんをお迎えして隣のゲージで2羽とても可愛く過ごしたね。
ピノちゃんはきかん坊の女の子でした。だけどほんっとに大切な宝物だった。
部屋着の茶色いフリースを着ると、中に潜りたくて、ゲージの前に来てくれたね。
台所でガサガサすると小松菜を貰えるのが分かって来てくれたね
電気を消すとピヨって言ってたね。
カーテンに潜るのも好き、カレンダーにとまるのも好き、和室の木の枠に入った軽石を落として遊ぶのも大好き、そして、金の鈴が大大好きでした。
生後2ヶ月位でお迎えするとき、ペットショップの店員の人にこの子はかなり小さいからもって1年くらいかも知れません。それでもいいですか?と言われたね。
短い間だけど、よく2年5ヶ月頑張りました。
亡くなる前日の4月29日、東の空に、天に向かって虹が出ていました。ピノちゃんはあの虹の橋を渡ったの?
ピノちゃん、天国で仲間達と思う存分飛び回ってね。
ずーっと、忘れないよ。ずーっと大好き。また会おうね、ピノちゃん。
 

夢を見ました。

 投稿者:こま  投稿日:2017年 5月 8日(月)08時34分6秒
  今朝。二月に落鳥したうちのいんこさんの夢を見ました。

玄関を開けたら、リビングのテーブルに、オパーリンカラーのいんこさんがいました。
頭がきいろで、体色がきみどりで。
いんこさんの本名を何度も叫びながら、急いでテーブルに近付くとうちのいんこさんが、そこにいました。細かな特徴がうちの子だった。他のそっくりなオパーリンじゃ、なかった。きちんとうちのいんこさんでした。

夢だって、わかった。
だって現実にはもう死んでしまっていないもの。失ったことを忘れるなんてできないもの。
夢だ、夢だって思いながら、名前をもう一度、呼べばすぐにテーブルをちょこちょこ歩いて、わたしのところまで、来てくれました。

くちびるとくちばしをくっつけた瞬間、ああ、目が覚めちゃうってわかった。
目が冷めたくないのに、あたりがぼやけていって。
現実にもううちのいんこさんいないのに、その現実に戻りたくないのに、夢から覚めて、ぼろぼろ泣いてしまいました。

百箇日は、六月です。まだ遠い。
四十九日過ぎたら新しいこを迎える気になれるかと思ったけれど、まだまだ無理だなあ。

うちのいんこさんに会いたいです。
 

ごめんなさい。

 投稿者:まぬ  投稿日:2017年 5月 5日(金)03時40分24秒
  私は殺してしまいました。
本当にごめんなさい。涙が止まらなくて、後悔しかありません。
愛鳥の名前はピーポというベタな名前でした。
いつものように、カゴから出して部屋の中を飛び回らせていました。
でも、バイトだったので急いで準備をして布団をたたんですぐ家を出ました。
その布団をたたんだ時です。
たたんだ時は気づきませんでした。
バイトから帰ってきて私は
「あれ?ピーポがいない」
ということに気が付きました。
部屋中を探しました。なのに見つからなかったのです。
それで、まさかとは思いながら布団をどけてみたらそこにはもぅ息絶えた愛鳥のピーポが下敷きになっていました。圧死でした。
バイトに行く前にちゃんと気づいていたらこんな可哀想なことしなくて済んだのに。苦しめずに済んだのに。
気づいた時にはもぅ遅かった。
そもそも私がゆとりを持って準備していればよかっただけのこと。バイトをしていなければ死ななかった大切な命。
残酷なことをしてしまいました。
私は最低です。鳥好きの方や鳥を飼っている方に本当に申し訳なくて辛いです。
自分がそもそも居なければ。
私が飼っていなければ。
もっとピーポは幸せだったのに。
だったの1年9ヶ月の命でした。
7月11日のピーポの誕生日は何しようかなーと考えていたのに。すべて自分で壊してしまいました。
ごめんなさい。本当にごめんなさい。
私にペットを飼う資格はないです。
 

ウズ

 投稿者:ウズのお母さん  投稿日:2017年 5月 2日(火)01時06分3秒
  ウズ大好きだよ。もうすぐ、お別れしてから4ヶ月が経つよ。ウズが虹の橋に行った時は、寒かったけれど もう桜も散って、毎日暖かいよ。昼なんて、夏みたいに暑い日があるよ。春が過ぎ、もうすぐウズとピーちゃんが生まれた夏がくるよ。またウズと春夏秋冬を一緒に生きていきたかった。いつまでも忘れないからね。ウズは、ずっと私の宝物です。いつも傍に来て手のひらで落ち着くウズが大好きで、いつも癒されてたよ。今は、もう癒しがないから寂しいです。もう一度、暖かくてフワフワのウズを、手のひらで包んで 部屋で、まったり癒しタイムしたいな。  

可愛いらぷちゃんへ

 投稿者:らぷのママより  投稿日:2017年 4月30日(日)23時51分31秒
  今どこにいるのですか?お家の中を自由に飛んでるの?最後の夜,苦しそうに翼を痙攣させて、苦しそうにしてた姿を思い出す度に、あまりに早過ぎる別れに心の整理がつかず、現実を受け入れることができません。らぷの愛くるしい元気な姿を思い出し、胸が詰まり、涙が溢れてきます。心にとても大きな穴が開きました。らぷと出会って家族としてお迎えしたのは、一年半前の10月4日。あの日のことを覚えてますか?出来ることなら、あの日に遡りたい。つい一ヶ月前に翼にできた瘤が腫瘍だと診断され、飲水投薬と塗り薬で奇跡を信じて、最後まで頑張って、二週間、病と闘いました。でも、奇跡は起こりませんでした。若いが故に、日ごとに大きくなる腫瘍、繰り返す出血、辛い痛みに耐えたと思うと可哀相で、何ひとつ手助けできなかったママは、とても悔しくて悔しくて心が引き裂かれそうです。飛びたくても、痛くて飛べなくて辛かったね。奇跡を起こせなくて本当にごめんなさい。この一年半、らぷと共に過ごしてきた毎日、本当に本当に幸せでかけがえのない楽しい時間でした。この幸せがこんなにも早く終わるなんて想像すらしなかった。はっきり上手にお喋りする姿、ぴよぴよと歌う美しく可愛い声、元気に自由自在に飛び回る美しい姿、可愛らしく歩く姿、凛とした立ち姿、美しく輝く羽、どれをとってもらぷの純真無垢な美しい姿に勝るものはありません。ピアノ、特に大好きだったね。お姉ちゃんやパパが、ピアノを弾いていると、きまって肩に飛んで行って、一緒に演奏する姿は本当に可愛かった。私達が出かけるときは、何度も追いかけて、寂しそうにしたり、帰宅したら、いつも嬉しそうに飛んできてくれました。ママは、毎朝、らぷの可愛い声を聞いて、かごの扉を開けると、お気に入りの鏡の前に一目散に飛んでいく微笑ましい姿を見ること、らぷと毎日一緒にいることが本当にいつも楽しみで、この幸せをずっとずっと続かせようといつも思っていました。いつでもどこでも、だれにでも肩にちょこんと飛んできて、指に止まり、本当に人なつこく、家族以外の人達からも愛されていました。本当に愛おしい、愛くるしいらぷの姿は、私達に元気を与え、幸せな気分にしてくれました。その素直な姿は、何物にも代え難いものでした。日を追うごとに、何でもお喋りできるようになって、私達を驚かせ、感激させてくれました。らぷちゃんのお気に入りは、カナリーシード、稗穂、緑黄色野菜、特に豆苗と人参、キウイ、リンゴ。そして、大きな鏡、小さな鏡、家族みんなの肩、ピアノ、洗濯機の上、水槽の上など、毎日お気に入りの場所で、自由に楽しそうに過ごしてました。一年前には、中庭で遊んでて、15分程、行方不明になりました。その時の冒険は、楽しかったですか?でも、ママと再会するまで、心細かったかな?らぷちゃん、車で旅行に行ったことも覚えてる?温泉にも何度かお供してくれました。ありがとう。らぷは、大切な大切な存在で、私達家族の一員として、共に人生を歩むはずでした。生命には終わりがあると重々理解していますが、生を受けてから、一年八ヶ月という歳月はあまりにも短すぎます。かけがえのないらぷを失った今、もう、柔らかくて温かいらぷに触れることができないと思うと、悲しくて悲しくて、どうしてよいのか分かりません。変われるものなら、変わってあげたかった。らぷは、幸せでしたか?その答えは、分かりませんが、そう思いたいです。ママは、らぷちゃんのおかげで、毎日幸せに暮らすことができました。らぷちゃんが大好きです。愛しています。感謝の気持ちでいっぱいです。これまで、純粋な気持ちで私達を心から愛してくれて本当にありがとう。虹の橋に旅立ってしまい、とてもとても寂しいけれど、お気に入りのものに囲まれて、たくさんお喋りして、鏡と遊んで、得意の旋回飛行でたくさん飛んで、幸せに過ごして下さい。また、必ず会えると信じています。虹の橋で会えたら、肩に止まって、たくさんお喋りしてね。いつもらぷちゃんのことを思っています。本当に本当に沢山の思い出をありがとう。大好き!らぷちゃんの家族‥パパ、ママ、お姉ちゃん、おばあちゃんより  

大好きならぷちゃんへ

 投稿者:らぷの父ちゃんより  投稿日:2017年 4月30日(日)23時27分45秒
  引越から五年越しの桜が咲き、チューリップの花開く春を迎え、らぷ君は逝きました。らぷ君が我が家に来て二回目の春でしたが、らぷ君の二度目の誕生日を迎えることはできませんでした。らぷ君は毎日をどんな気持ちですごしていたのかな。幸せだったかな。最後の夜、らぷ君の願いを父ちゃんは叶えてあげることができませんでした。ごめんね。父ちゃんは毎日悔やんでいます。最後まで手の中に包んであげたかった。寒かったね。痛かったね。らぷ君のことを思うと、父ちゃんは涙が止まらないよ。仕事に出ると、らぷ君のことを考えない時間がありますが、帰宅の時間になると、必ず思い出します。家に帰っても、もうらぷ君は待っていないんだな。家に帰る楽しみがなくなりました。すべてのものが色褪せて見えます。らぷ君の声、におい、温もり、もう感じることができません。それでも、時々らぷ君の声が聞こえる気がします。外の小鳥の声だったんだろうか。「らぷ君の大好きな父ちゃんだよ。!」「ゆりちゃん大好き!」「らぷちゃん可愛い!」「らぷちゃんちゃん葉っぱ大好き!」・・たくさんお喋りしてくれたね。もう一度だけ、らぷ君の声を聞きたいよ。もっとたくさん、らぷ君とお話ししたかったよ。神様はなぜらぷ君を連れていったのかな。らぷ君が我が家に来た日、こんなに早い別れが来るなんて、思いもしなかった。らぷ君も父ちゃんたちも、何も知らずに、幸せがずっと続くと思って、ただ毎日を生きていたんだね。らぷ君が逝った翌朝、西の空に大きな虹がかかっていました。らぷ君を迎えに来たのかな。今日の夕方、庭仕事をしていると、少し寒くなってきて、すずめ達も家に帰るところだった。「おーい、すずめ達。らぷ君を見なかったかい。もし、らぷ君に会ったら、みんな待ってるよと伝えておくれ。住所は、・・・だよ。」父ちゃんはまだしばらくここに居ないといけないけれど、いつか必ず会いに行くから、それまで父ちゃんを忘れずに待っていてね。父ちゃん、きっと、らぷ君を見つけるからね。らぽこんちゃん、らぷくんちゃん、らぷちゃんちゃん。大好きだよ。らぷ君、ありがとうね。父ちゃん、らぷちゃんちゃんが大好きだよ。父ちゃんより  

大好きなきらへ。

 投稿者:のり  投稿日:2017年 4月26日(水)23時13分40秒
  きら、1年しか生きさせてあげれなくて本当にごめんね。 あの日もきらは元気に嬉しそうに飛び回ってたね。でも、私の不注意できらを踏んでしまった。踏まれてビックリしたきらは飛んでゲージに止まってた。きらを捕まえようとしたらまた逃げて。私は一瞬パニックで「きら?!大丈夫?!?!」って言ったらいつにない声で鳴いた。手に乗せるとすぐにぐったりなってあっという間にきらは息を引き取った。私は泣いてあやまるしかできなかった。なんでこんなことになったのか、自分を責めてばかりです。いつも、どこにいてもきらのことばかり考えてた。大切に大切に育ててきた。初めての小鳥を飼って最初は心配ばかりでどうしようもなかった。でもきらは元気に育ってくれた。文鳥ってこんなに表現豊かでこんなに私にベッタリで。(あまり触らしてはくれなかったけど)鳥を大好きになったよ。なのに.....きら、本当にごめんね。痛かったよね、びっくりしたよね。あの時も付いて来てたんだよね、私の後を。なのに、それに気づけなかった。まさか、こんなことが起こるなんて、注意してたつもりなのに。こんな形できらと突然お別れすることになるなんて。あれからもうすぐひと月たつけど、今でもきらの写真や動画を観てはきらに会いたい、触れたいと思うばかりです。毎日仕事から帰ると鳴いて出迎えてくれたね、きらって呼ぶと「ピッ」って返事してくれたね。気は強かったけど、放鳥した時はずっと私のそばにいた。今でもゲージが片付けられず、きらがいなくなったゲージを眺めています。あの日をことを思い出すと目を閉じてしまいます。自分がやってしまったことを悔やむばかりです。えさもガツガツ食べて元気いっぱいだったのに、これからももっともっと一緒に過ごすはずだったのに...もっと一緒にいたかった。
きら?天国では楽しく暮らしてますか?寂しくない?みんなと仲良くやってる?私はきらの表情やにおいや仕草、一緒に過ごしてきた時間を絶対忘れないよ。今もこれからも大好きだよ。きらにつらくて苦しい思いさせてしまったけど、きらも私のこと忘れないでね。会えるものなら会いたいよ。そんなこと考えても無理なのに...本当にごめんね。
 

きんちゃんへ

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 4月26日(水)17時23分2秒
  きんちゃん、今まで8年間ありがとう。きんちゃんを飼って、インコがこんなに人に懐いたり、賢いのか~とたくさんの発見があったよ。きんちゃんは私の娘のように大きい存在でした。気が強くて、後から飼ったぶんちゃんにもつれなくて、私もよく噛まれたりしたよ、痛かった(笑)きんちゃんは人の目を盗み、よく変なものを食べようとしたり、危ない事をするから、本当に目が離せなくて、何回も病院にお世話になるような、手のかかるインコだった。一度、ひどい症状で夜間病院に行った時には、お腹に腫瘍があり、末期でおそらくもう持たない、と言われたのだけど、病院の先生に出来るだけのことをして頂いた。そのおかげか、翌日には薬が効いて楽になったきんちゃんが、カゴを開けたとたんに一目散に私の首元に飛んできて、頭をすり寄せてものすごく甘えてきた。まるで、「楽になったよ、ありがとう」って言ってるようで本当に嬉しかった。病気は完治するものではなく、かかりつけのお医者さんには本当にお世話になった。3日前に少し元気がないと思っていたけど、体調がおかしいことに気がついたのが一昨日。主人が病院に連れて行ってくれた。そしたら、いつもとは違って少し危ないかもだからお預かりすると行って、入院になった。昨日、病院の先生から、危ないかもしれない、面会に来れますかと聞かれて、もちろん行くことに。でも、約束の時間のだいぶ前に、きんちゃんが死んでしまったので、生きてるきんちゃんに会うことはもう出来なかった。覚悟はしていたけど、それを上回る寂しさに押しつぶされそうです。残されたぶんちゃんも、寂しそう。あんなに陽気でおしゃべりで、うるさいくらいだったのに、今は火が消えたように静かで、カゴからも出て来ない。インコも本当に愛情深い生き物なんだということが分かる。きんちゃんの存在の大きさが今は痛すぎる。それだけ、きんちゃんは私たちに幸せをくれていたんだね。私も溺愛したし、きんちゃんからも愛されてるとたくさん感じた。最後は看取れなくて、申し訳なく思う。病院にもっと早く連れて行けば、良くなったかも、とか、これ以上長引かせるのはかわいそうだから、せめて早めに安らかに亡くなってほしい、とか色んな考えが浮かんだ。でも、何事も思うようにはいかない。お世話になった病院の先生は、本当に信頼出来る先生だった。だから最後、その病院でお世話になれたことに本当に感謝している。私の主人も協力的で、親切で、感謝の言葉言っても言っても足りないくらい。ぶんちゃんも私もまだ立ち直れなくて苦しいけど、きんちゃんと過ごせた8年間はとても素敵な時間だった。今まで本当にありがとう。可愛かったきんちゃん、大好き。ずっと忘れないよ。ありがとう。  

ウズ大好きだよ。

 投稿者:ウズのお母さん  投稿日:2017年 4月25日(火)03時12分43秒
  ウズが亡くなって、もうすぐ4ヶ月。最近仕事が忙しく、思い出して泣くことも無かったけれど、今日は久しぶりに思い出して泣いています。朝から仕事なのに、眠れそうにありません。ウズ、私にとって一生の宝物です。ウズと過ごした日々は、とても幸せでした。もっと長生きさせてあげられなくてゴメンね。今も、ウズと一緒に過ごしたかった。もう春だよ。ウズ、先に行ったピーちゃんと今頃幸せにしてるかな。もうすぐ、ウズとピーちゃんのお墓のところに綺麗な牡丹が咲くよ。お母さん、頑張るから見ててね。  

ルッチへ

 投稿者:violet  投稿日:2017年 4月24日(月)15時33分16秒
  ルッチ今までありがとね。
肺炎がわかって5日目の今朝君は旅立ってしまいました。最期に籠から出してあげなくてごめん。夕べ入り口に止まっていたのは最期に出して欲しかったんだね。しつこくエサ差し出して鬱陶しかったよね。最後は無理に食べてくれたのかな。
ルッチの歌声、笑い声大好きだった。緑の棒を見るとクッククックって言ってから歌うよね。
もっともっと一緒にいたかった。隼が二十歳になっても絶対一緒にいられると思っていたのに。
隼学校休んじゃったよ。明日はきっと行くよ。でもルッチのことは明日も明後日も10年先も忘れないから。

ルッチ、最期になにを思った?すぐに気づかなくて本当にごめんね。楽しく遊んだこと思い出してくれたかな。

ルッチルッチ…部屋が静かになってしまったよ。
またいつか会いたいね。
 

ごめんなさい

 投稿者:  投稿日:2017年 4月19日(水)07時04分45秒
  3日前セキセイインコのぴーちゃんが亡くなりました。
7歳7ヵ月でした。おしゃべりが上手で、肩の骨の異常で飛べないけれど、寂しがり屋でどこにでも歩いてついてくる本当に本当にかわいい子でした。大切に大切に育てて来たつもりです。
数ヶ月前から足の麻痺がありここ1ヶ月ほどは吐いてしまって餌が中々食べられず一時は点滴をうけました。
投薬で何とかがんばって、元気になったり弱ってしまったりを繰り返していました。

部屋の中が大好きで窓の外もこわがって、カラスの鳴き声がしただけで私の手に飛び込んでくるような臆病な子を夜中に独りで行かせてしまいました。
私が疲れていたから、眠かったから、あんなに弱っていたのにカゴで寝かせてしまいました。
朝、何とか食べられそうなものを揃えて起こしに行ったらカゴの床に眠るように横になっていました。
どうしてあの夜1晩抱いていてやらなかったのか、怖かったろう寂しかったろう
1人で知らないところに行かなければならないなんてこの子には考えられません。
逃げ込む手もない。私がかごに押し込んでひとりにしてしまったから。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
もう1度、朝かごの中から「ぴーちゃん、おきた」って言う声を聞くことができるなら何でもします。
どうしたらいいですか
 

ごめんね・・・

 投稿者:(・.*;)  投稿日:2017年 4月 9日(日)22時23分53秒
   ピーちゃん...
たった2週間だたけど楽しかったよありがとう。1回も買ったことがないのに、飼わなかった方がよかったよね。ごめんね。まだヒナなのに、こわかったよね。暇になったら会いに来てね!
 

消えていったbeeへ。

 投稿者:エト  投稿日:2017年 3月27日(月)15時10分58秒
  beeはいつも私のそばにいて、それが当たり前だと思ってたけどいなくなると不思議と何も考えることが出来なくていない、というのがよくわからなくてボーッとしてたこの一ヶ月。
やっと決心してこの記事を書くことにしました。
ありがとう。
 

ありがとう

 投稿者:ゆう  投稿日:2017年 3月21日(火)18時29分19秒
  ピーちゃん、13年と3ヶ月、楽しい思い出をありがとう。いっぱいおしゃべりして、家族みんなと毎日遊んで、家族が泣いているときはピーちゃんも悲しそうで、みんなが楽しく笑っているときはピーちゃんも一緒に笑って。
喜んだり怒ったりわがままいっぱい。でもそんな表情全てが可愛かったよ。
お別れの日がいつかは来るとわかっていたけれど、やっぱり寂しいよ。もっともっと一緒に遊びたかった。
どんなに辛いことがあっても、ピーちゃんのかわいらしい表情のおかげで笑顔になれました。ただただ感謝です。本当に本当にありがとう。
ピーちゃん、大好きだよ。
 

もみちゃんへ

 投稿者:ちえみ  投稿日:2017年 3月19日(日)11時03分31秒
  今朝の0時半頃旅立ったもみじちゃんへ。
3か月前から胸の片方がぽっこり出てしまい、そのあと腹水も溜まってきてしまい...
何度も長時間かけて、たくさん負担をかけて通院させといて治してあげられなくて本当にごめんね...
お薬をあげる時も診察の時も本当に辛かったね...
何度も辛くて怖い思いをさせてしまって本当にごめんね...
旅立つ数分前に止まり木から落ちてしまったけど、その時いつもと違う短い止まり木にしてたから、そのせいで足を踏み外して落ちて、ショックを受けて死んじゃったのかな?
それとも体調が原因なのかな?
お薬も、小さな体で出来る検査も限られ、はっきりした病名も分からずに予測であげていたけど、お薬が合っていなかったのかな?
それとも病院へ連れて行かない方が良かったのかな?
もっと別の病院があったかな?
あの時こうした方が良かったかな?
こうしたのが悪かったのかな?
考えるときりがありません...
そして言い訳にしかならないけれど、短い止まり木にしていたのは掃除の関係で一時的のつもりでした。
そのあと元の木へ変えるつもりだったけど、もみちゃんが止まっていて、もみちゃんを動かしたくなくてそのままにしていました。
もみちゃんが木から降りている時に変えようと思ったけど、夜は視界が悪いし動かしてでも変えるべきでした。
保温電球を点けていたから見えるかな?と思ったけど、薄暗いし変えるに越したことはありません。
踏み外したのなら本当に驚いたよね...
本当にごめんなさい...
部屋へ行くとまだもみちゃんがいる様で、部屋へ行くのが、そして部屋へ居るのが辛くてたまりません。
今までの子達と違って、徐々に弱っていく感じではなくて急にだったので、本当に本当に信じられません。
もみちゃんの愛くるしい顔、姿を思うと本当に辛いです。
でも死んでしまうって無になる訳じゃないよね。
姿が見えなくなっただけで、魂はちゃんとあるんだし、死んでしまってもお別れした訳じゃないんだよね。
見えなくなるのは寂しいけど、これからも普段通りもみちゃん達を身近に感じながら生きて行きます。
そして私もいつかもみちゃん達の旅先へ行くから、そうしたらまたぜひ、姿の見える生活を私と一緒に送ってね。
あともうそっちの旅先では病気も苦しむ事もないからね。
これからもいつも通りヨロシクね!♪

 

レンタル掲示板
/23