teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ありがとうございます・2(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


「顔つき」の「つき」

 投稿者:琉球松  投稿日:2017年 3月21日(火)11時34分30秒
  B.サラ さんへ

なるほど、これはナイスですね。
「月」ではなく、意味的には「様子・模様」。。。ずみ!!
 
 

(無題)

 投稿者:しもじよしお  投稿日:2017年 3月20日(月)18時45分18秒
  サラさん、

 素晴らしいひらめきですね。御説、高く買います。

cgu

 

「わーつき」の解釈

 投稿者:B.サラ  投稿日:2017年 3月20日(月)15時27分11秒
編集済
  こんにちは~。
皆さん、お元気ですか。
関東はようやく、春の兆しが!
ぬふーぬふ(暖かく)なって来ました!
あすが(でも)花粉も本格的に!

「わーつき」についてB.サラも いぴっちゃ
ぱなしみーでぃ。(少し語ってみます)
「わー」は既に皆さんが解釈している通り「上」
つまり空を意味すると考えます。
皆さんと ゆぬぐー(同じ解釈)です。

では「つき<つきす>」てぃや のー?(とはなんだ?)
B.サラには、この「つき」には思い当たるふしというか
何か引っかかるものがありました。
ぼんやりとある単語が脳裏に浮かぶのだが
只、その姿が何なのかなかなか みーらいん。(見えない)
B.サラはそんな むでぃこーすっさ(もどかしさ)を
抱えながら膨大な言葉の中からぴったり当て嵌まる言葉を
ずーっと考え続けました。

膨大なジグソーパズルのような言葉の中から見つけたピースが、
「顔つき」の「つき」です。
「顔付き」とも書きますが、顔の様子を意味するこの「つき」
こそB.サラが探していたものです。
まさに がふ(ぴったり)。

古語では「つら(面)つき」という言葉があります。

○「いと白うあてにやせたれど、つらつきふくよかに」【出】源氏物語 若草 若紫
【訳】(尼上の)顔はたいそう白く気品があり

○「みづらゆい給えるつらつき、顔のにほい」【出】源氏物語 桐壷
【訳】みづら結をなさった顔立ち、顔の美しさ
【注】みづら結=元服前の少年の髪結び

この古語の「つき」の用法が、現代語の「顔つき」、「身体つき」として残っていると考えます。

つまり、「わーつき」とは「上(空)の様子・模様」=天気 だと解釈できます。
これなら現代の空模様という言葉も納得がいきますよね。

以上、B.サラ流解釈を あいっじみーたすぅが(一方的に述べましたが)、
のーしーがら(如何でしょうか)?

あつかー またやー(それでは、また今度)
 

宮古総合実業が初戦突破ー春の県高校野球大会

 投稿者:クイチャーマン  投稿日:2017年 3月20日(月)13時44分37秒
編集済
  速報です。
きょう20日から始まった第64回沖縄県高等学校野球春季大会。
大会初日の北谷公園野球場の第一試合(午前10時30分開始)で
県立宮古総合実業高校が県立北山高校に3対1で勝利し、初戦を
突破しました。
おめでとうございます!

宮古総実は下地翔登(しょうと)投手が要所を締めて完投しました。
得点経過は下記の通りです。

宮古総実 010 002 000  3

北  山 000 001 000  1

※上の得点経過は、最初の投稿時に誤りがありましたので、21日8時前に
訂正いたしました。

私は5回終了まで球場にいて応援しました。その後別用で球場を離れて
いましたが、捕手の濱川選手のお父さんから電話連絡があり、勝利を知り
喜んでいます。

明日は宮古高校対浦添工業の試合(9時開始)を沖縄セルラースタジアム那
覇で応援予定です。


 

vol.384 発行!

 投稿者:初美  投稿日:2017年 3月19日(日)21時07分55秒
  こんにちは~。
きょうは、雲が多く雨が降ったりやんだりでしたが
昨日は春らしい陽気で、気持ちのいい一日でした。
ウグイスやガイチンもよく鳴いています。
あ、昨日は初めてシロハラクイナの鳴き声も聞きました。
春ですね~。

vol.384発行しました。
ゆみふぃー さまたー びゃー?
(読んでいただけましたかー)
感想もお願いしますね。

琉球松さん、タキズィさん、しもじよしおさん
「ぞうわーつき゜」について、
新里先生は、以前「良上つ気(りょううはつき)」=「良い天気」と話されていました。
つ気 については説明はなかったように思いますが
良 [r](共通語)⇔[dz](宮古方言)の関係が見られる
上 うは→うあ→わ ということです。
「島尻」の地名もいろいろなところにあり、気になりますね。

ふくうさん
早速の感想、たんでぃがーたんでぃ!
菜の花の雨の降り方の違い、分かりますね~。
ゴルフの時も経験あるんですね。
天然シャワー、いいですね。(笑)
ひさぼうさんの講座は、初期から素晴らしかったですねー。
なかなか難しいと思いますが、耳にしていると少しずつ慣れてきて
分かるようになると思いますので、たくさん宮古にいらしてくださいね。
キムキムさんの「しぃむぬ」の話、共感する方が多かったでしょうね。
ばんたが東京にいる兄も、正月になるといつも「しぃむぬ」の話をしてました。
キムキムさんとバッタリ会ったそうですね~。
いつかみんなでオフ会できるといいですね!
今回もご丁寧な感想をありがとうございました!
 

Re:Re:「島尻」考

 投稿者:しもじよしお  投稿日:2017年 3月19日(日)13時11分56秒
編集済
  琉球松さん

 宮古島の島尻(スマヅー)が「シマジリ」からの音韻変化を経た結果であるだろうということは一概には否定できません。
 しかし、明治期の国土地理院の調査隊が「ウガンム(島)」(ムは小文字)に「大神(島)」という漢字を当てたように、「スマヅー」を沖縄本島の島尻に準じて「島尻」としたと推測するのはあながち的外れでもない、と思われるのです。何より、他の島々(徳之島、沖永良部島、伊平屋島、久米島、沖縄本島)で島尻という地名が島の南西部に位置する地域(又は集落)を指しているのに対して宮古の島尻だけが逆に北東部に立地しているのが気になります。
 沖縄本島の島尻は国頭に対する南部一帯の地域を表す概念語です。それは国頭がそうであるように伝承の中でのみ言い伝えられていた概念が新しく行政区画を設定した際文字化されたものだと思われるのです。つまり、「島尻」は概念としては前方地帯に対する後方地帯として沖縄本島でも古来から息づいていたと考えられるのです。「国頭」は木遣り歌(「クンジャン サバクイ」)の中で「クンジャン」(「クニガミ」の派生形)として生きながらえました。これが後、行政区画名として文字化されたのが現在の国頭村であり、国頭郡です。

cgu

 

Re:「島尻」考

 投稿者:琉球松  投稿日:2017年 3月18日(土)18時47分20秒
編集済
  しもじよしおさんへ

 宮古島の「島尻」も「シマシリ」に近い音だったからこの字が当てられたのではないでしょうか? その後宮古的発音で変化したと思います。

 「島尻」は本来「国頭」と対だったのではないかと考えています。
 島々の神歌では「しま」と「くに」が対となって同じ意味で使われていますね。
 ただ、集落として両方が存在しているのは沖永良部島だけで、徳之島、伊平屋島、渡名喜島、久米島、宮古島に「国頭」が見あたりませんし、沖縄島のそれは大きめのエリヤとなっています。

 "九州南部に根を下ろしていた隼人族" との見方は卓見かもしれません。
 種子島北端には「国上」がありますね。

 仮に、古くに両方が存在していたとすれば、徳之島の「国頭」は、同島北端の「金見(カネミ)」かもしれません。
 「島尻」が島の南西部や南端とは限らないとすれば、島の奥座敷的地域でしょうか? そうすると、宮古島の "国頭" は「保良」あたりにあったでしょうかね。

画像は、沖永良部島の国頭小学校校門
 

「島尻」考

 投稿者:しもじよしお  投稿日:2017年 3月18日(土)16時25分35秒
編集済
   宮古にも島尻という地名があります。しかし、宮古方言での発音は「スマヅー」ですから、これに「島尻」という漢字を当てたのが正しかったのかどうか、という疑問があります。「尻」は宮古口では「チビ」、尻尾は「ヅゥー」ですから、「島尻」という当て字は間違いだったと言える訳です。
  徳之島の伊仙や沖永良部島の末吉は元々島尻と呼ばれたようですが、沖縄本島にも島尻があります。これらに共通しているのは島尻という地名が島の南西部に位置する地域を指してしていることです。島尻の「尻」は滝廉太郎の「箱根八里」の出だし部分に出てくる「後(しりへ)」、すなわち、後方の意味だと思われます。
  ちなみに、同歌詞は次のように始まります。
     「箱根の山は 天下の険 函谷関も 物ならず 万丈の山 千仞の谷 前に聳え
       後(しりへ)に支(ささ)う 」
 島の南西部に位置する地域を後方(島尻)だと捉えた人々にとって前方は島の北東側、すなわち、九州に近い地域と言うことになります。それは自分らにより近い島を「口之永良部島」、遠い方を「沖永良部島」と呼んだのと共通する捉え方です。その人々とは九州南部に根を下ろしていた隼人族ではなかったか。
 宮古の島尻は宮古島の北東部に位置しています。したがって、宮古の島尻は沖縄本島の島尻に倣って書かれたごく新しい当て字だと思われます。

cgu

 

島尻

 投稿者:琉球松  投稿日:2017年 3月17日(金)12時44分10秒
  しもじよしおさんへ

 地名の件、まだまだありますよー。
 徳之島の伊仙(イセン)と沖永良部の住吉(スミヨシ)は、もともと「島尻」ですね。

画像は、沖永良部島住吉周辺
 

vol. 384

 投稿者:ふくう  投稿日:2017年 3月16日(木)20時56分44秒
  「大和の雨と宮古の雨」         菜の花(伊良部・仲地出身)さん
宮古の雨は突然やってきてさっと去って行きますね。サシバリンクスでは結構降
られたことが有ります。黒い雲がやってきて暗くなりザバーと来て直ぐにやむと
またかんかんの日が差しますね。其の繰り返しが続く事も有りますね。ラウンド
中に降られると一瞬めげますがやむと決めて続けていると上がりの頃に服が乾く
なので面白くて止められなくなります。かみさんが子供の頃は雨が降ると石鹸を
持って天然シャワーを浴びたと良く言ってましたがすすぎ途中で雨が止んでしま
ったらどうしていたのか聞き漏らしました。雨は貴重な水資源だった。タンクに
貯めて生活水として活用されていましたね。自然まかせの時代でしたね。

◇あの話をもう一度
「ミャークフツ講座 連声(れんじょう)編」vol.111 2005/11/3
                                            ひさぼう(平良西仲出身)さん
ミャークフツ講座何時も分析に驚かされていました。この講座から12年が過ぎて
いるのですね。未だにミャークフツについてはまったくの素人なのでこの連声に
ついても”はとを”の変化形難しいですね。はがおに変化するなどは何故なのか
理解が及ばない所です。をがうに変化するなども難しいですね。語尾によっての
変化が規則的になっている。単語だけでもまだまだ覚えられないのですがやはり
英語なども現地できっちり生活上で練習しないと習得は出来ないなと思えます。
でも方言大会などで外人の方が出ているのを見るとなぜかあせります。

「母ちゃんの『しぃむぬ』の作り方を教えてくれ」
                   キムキム(平良・西里出身)さん
おふくろの味は見に染みているので忘れられない味ですね。御吸い物なども特別
な味でしたね。弟さん転勤族だった事家族の大変さわかります特に子供たちに取
っては友達との別れ、赴任先での不安感は相当な負担だったと思います。単身赴
任先で御正月。御母さんの御吸い物を思いだしたのは魂の叫びだったかもしれま
せんね。カツオ節を削る御手伝いを市ながらの料理。その時間が思い出の重要場
面でも有りますね。カツオ節を売りに来た魚屋さんまでの思いが広がるのも面白
いですね。御吸い物の具材も一つ一つ思い出が含まれているのですね。味の決め
ては御母さんの手の味だった。御自身の御吸い物も同じように受け継がれて行く
所が良いですね。  宮古島では一瞬でしたが御話が出来ればよかったですね。

今回もありがとうございました
 

レンタル掲示板
/454