teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ありがとうございます・2(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:アオブダイ

 投稿者:琉球松  投稿日:2017年 9月25日(月)12時11分20秒
編集済
  しもじよしおさん、いつもタンディガアタンディ!

宮古も沖縄とほぼ同じようですが、さらに古い呼び名があったのではと考えたしだいです。
アオブダイに関しては奄美語の「エラブチ」がより古いように思われます。
奄美語が古いタイプの琉球語だと思えるのは、例えば。。。沖縄島の祝儀舞踊「かじゃでぃ風節」の冒頭は「キュウ(今日)」になっていて、現在の「チュウ」ではないですね。沖縄語でも古くは「キ」だったはずです。宮古でも「キュウ」でしょうか?
この「キ」は奄美語がしっかり温存でしいて、現在でも今日は「キュウ」ですし、沖縄語の「チュラ」は奄美大島では「キョラ」ですから、もともとは古語の「清ら」である事がわかりますね。

奄美の知人に聞いても「エラブチ」の語源はわからないようで。。。琉球語が3母音化に進む以前の「エ」かもしれません。

余談ですが、宮古語の「ゴーラ」はもともと「ンガウリャ」に近い音だったと何かの資料で見た事があります。
つまりは、沖縄語の「ゴーヤー」を古い宮古語で解釈すると、「ニガいウリ」が由来だとするのが妥当かもしれません。徳之島では「ニゴーラ」だったと記憶しています。
 
 

琉球松さんへ そこはかとなく

 投稿者:しもじよしお  投稿日:2017年 9月25日(月)11時37分34秒
編集済
   「アオブダイ」を「アオ+ブダイ」と分解し、「ブダイ」をWikipediaで調べてみたら、面白いことが書いてありました。「ブダイ」はさらに「ブ+タイ(鯛)」と分解され、接頭辞の「ブ」は鎧を着た武士を思わせるので「武」であるとか、泳ぐ姿が舞うようなので「舞」であるとか、真鯛に比べて品格が落ちるので「醜鯛、不鯛」であるとか、いろいろな説があることが紹介されています。
 「ブダイ」を「ブ+タイ」と分析したのは正しいと思われますが、接頭辞「ブ」は、「不躾」、「不細工」、「不器用」、「不格好」、「無精髭」、「無粋」、「無様」に見られる接頭語の「ブ」であるのは間違いないと思います。「タイはタイでも無様な格好をしたタイ、それがブダイだ」というわけです。
 このブダイにもいろいろな呼び名があって、赤色のブダイがアカブダイ、亜熱帯の珊瑚礁を住み処とする青い色(緑色)のブダイが「アオブダイ」です。三重県では「トネ」、大阪府堺では「ウシ、クズナ」、その他の関西圏では「イガミ、エガミ」、九州熊本県では「モハン」、鹿児島県では「ハチウオ、ハチキ」、小笠原諸島では「ウーフー」と呼んでいるようです。魚の名前ほど地域により呼び方が多様なものは他にありません。
 さて、「アオブダイ」は沖縄本島では「イラブチャー」で、これを宮古群島では何と呼んでいるかと言うことですが、私の記憶では「(イラブチャー > イラヴチャ >)イラウチャ」です。沖縄本島の「イラブチャー」と音韻的に密接な関係があることは確かですが、その語源が何であるかは杳として分かりません。

 なお、「ナーベーラー」は宮古口では「ナビャーラ」、「ゴーヤー」は「ゴーラ」です。「ゴーラ」は、今、宮古口でも「ゴーヤー」に取って代わられているようですが、「ナビャーラ」を「ナーベーラ」と言っているかどうかは分かりません。宮古島は旧平良市に人口が集中したせいか、急激な言語変化を遂げているようです。都市化は言語の平準化を生起させる主な要因です。「シマクトゥバ」推進運動が抱える問題がここにあります。昔は方言使用禁止という国策で方言が廃れましたが、今は都市化がこれに追い打ちをかけているのです。それぞれのシマクトゥバでは意思の疎通がスムースに行かないから人皆シマクトゥバを捨てて「標準語」を使おうとするです。

cgu

 

sokohakatonaku

 投稿者:しもじよしお  投稿日:2017年 9月25日(月)11時32分48秒
   「アオブダイ」を「アオ+ブダイ」と分解し、「ブダイ」をWikipediaで調べてみたら、面白いことが書いてあった。「ブダイ」はさらに「ブ+タイ(鯛)」と分解され、接頭辞の「ブ」は鎧を着た武士を思わせるので「武」であるとか、泳ぐ姿が舞うようなので「舞」であるとか、真鯛に比べて品格が落ちるので「醜鯛、不鯛」であるとか、いろいろな説があることが紹介されています。
 「ブダイ」を「ブ+タイ}と分析したのは正しいと思われるが、接頭辞「ブ」は、「不
躾」、「不細工」、「不器用」、「不格好」、「無精髭」、「無粋」、「無様」に見られる接頭語の「ブ」であるのは間違いないと思われます。「タイはタイでも無様な格好をしたタイ、それがブダイだ」というわけです。
 このブダイにもいろいろな呼び名があって、赤色のブダイがアカブダイ、亜熱帯の珊瑚礁を住み処とする青い色(緑色)のブダイが「アオブダイ」です。三重県では「トネ」、大阪府堺では「ウシ、クズナ」、その他の関西圏では「イガミ、エガミ」、九州熊本県では「モハン」、鹿児島県では「ハチウオ、ハチキ」、小笠原諸島では「ウーフー」と呼んでいるようです。魚の名前ほど地域により呼び方が多様なものは他にない。
 さて、「アオブダイ」は沖縄本島では「イラブチャー」で、これを宮古群島では何と呼んでいるかと言うことですが、私の記憶では「(イラブチャー > イラヴチャ >)イラウチャ」です。沖縄本島の「イラブチャー」と音韻的に密接な関係があることは確かですが、その語源が何であるかは杳として分かりません。

 なお、「ナーベーラー」は宮古口では「ナビャーラ」、「ゴーヤー」は「ゴーラ」です。「ゴーラ」は、今、宮古口でも「ゴーヤー」に取って代われているようですが、「ナビャーラ」を「ナーベーラ」と言っているかどうかは分かりません。宮古島は旧平良市に人口が集中したせいか、急激な言語変化を遂げているようです。都市化は言語の平準化を生起させる主な要因です。「シマクトゥバ」運動が抱える問題はここにあります。昔は方言使用禁止という国策で方言が廃れましたが、今は都市化がこれに追い打ちをかけているのです。それぞれのシマクトゥバでは意思の疎通がスムースに行かないからです。

cgu

 

こちらこそありがとう

 投稿者:あすなろ  投稿日:2017年 9月24日(日)22時14分42秒
   北小学校の教頭先生の持ち物だった『龍潭百年』(発行ー沖縄師範学校同窓会)が私の手元にあります。「昭和55年12月入手」と先生の直筆(達筆)が入っています。お蔭で、稲垣国三郎の年譜がかなり埋まりました。
「麻姑山書房」の田中君が送ってくました。巡り巡ってのこの奇跡!本当に興奮しました!
こちらこそありがとう!! まさお君 沖縄での拝眉を楽しみにしています。
 

vol. 396発行!

 投稿者:初美  投稿日:2017年 9月24日(日)21時03分16秒
  こんばんは~。
日中、まだまだ暑さの続く宮古ですが、朝夕過ごしやすくなってきました。

vol.396発行しました!
どちらさまも ゆみふぃさまちよ~。
編集後記でも書きましたが、11月に400号を迎えます。
ういまい、まーんてぃ んーなが うかぎ てぃ うむいうー。
(それも、本当に皆さんのおかげと思っています)
たんでぃがーたんでぃ~~。
(ありがとうございます)
記念号として、「宮古の好きなところ」(仮)を特集したいと考えています。
800字~1000字くらいで、好きな場所や唄(歌)、食べ物、お土産、景色、
方言、人物、植物等々なんでも結構です。
ぜひ、投稿してくださいね。
メルアド:kumakama@mbp.nifty.com
よろしくお願いいたします。

ふくうさん
早速の感想、たんでぃがーたんでぃ~~。
菜の花の話は、真剣に考えていかないといけないなーと思いますね。
びきどぅん(男性)は、もちろんのこと、みどぅんまい(女性)も
肥満傾向にあるようなので、わが身を振り返り、反省しきりです。
運動会は、地域も参加しての一大イベントでしたよね~。
ふくうさんのところでも家族や親せきが集まっての運動会だったんですね。
クイチャーマンさんの古希同窓会、盛り上がりそうですね~。
これまでのことが皆さんを繋げ、今にいあっているのでしょうね。
本当に素晴らしい同窓のみなさんですね。
今回も、ご丁寧な感想をありがとうございました!

まさおさん
んみゃ~ち~。ばんたが掲示板んかい。
あすなろさんの同級生なんですね。
あすなろさんの「稲垣国三郎」のお話し、よく調べられていてすごいですよね。
宮古の西里通りは、本当に随分と変わりましたね。
「宮古そば」は、市内にもいろいろあります。
西里通りにもあります。
老舗の「古謝そば」は、市内の東のほうに引っ越しましたね。
「じんく屋」は、公設市場の近くに。
旧宮古病院近くには「大和食堂」もあります。

琉球松さん
お久しぶりです!
アオブダイは、宮古でもイラブチャーと言っている気がします。
漁師さんたちは違うかもしれませんが。
宮古には古語がそのままに近い形で残っているものが多いですよね。
それらが分かってくると、俄然方言が面白くなってきますね。
 

アオブダイ

 投稿者:琉球松  投稿日:2017年 9月24日(日)09時22分53秒
編集済
  まさおさんへ

初めまして、沖縄島の者です。
宮古へは、だいたい5年に一度くらい行くんですが、ほんとに様変わりですね。
初めての宮古は35年前、狩俣に続く道などはまだアスファルトではなかったですよ。
僕が宮古ファンになったのは、沖縄島の謎を解くのに有用な土地柄だからなんですが、言葉がほんとに面白い。

で、宮古口ではあの青い魚「アオブダイ」をなんと呼ぶんでしょうか?
ちなみに沖縄口では「イラブチャー」で、奄美大島では「エラブチ」だそうです。
これ、たんに「アオブダイ」の転なのか、エラが張っている様の表現なのかわかりません。
宮古の皆さん教えてくださ~い!

変化が早い沖縄語を宮古語や奄美語が解いてくれる場合がたたあります。
例えば、沖縄語の「ナーベーラー(へちま)」は、宮古の一部で「ナビャアリャー」に近い音だったそうで、由来不明だった「ナーベーラー」が「鍋洗い」だっただろうと宮古語が教えてくれますね。

画像は、那覇公設市場にならぶ「イラブチャー」
 

ありがとう

 投稿者:まさお  投稿日:2017年 9月21日(木)23時23分22秒
  ありがとう 9月21日、愛知県の同級生から突然の電話。何年ぶりだろうか。年賀状の往来はしているもの、20年近く会ってないような気がする。彼の稲垣国三郎の熱い話を聞かされ、「くまから かまから」の存在を知った次第である。読んでみるとなかなか面白いし、ためになる。ありがとう。彼が電話をしたのは、稲垣先生を調べる中で、彼が古本屋で得た「沖縄師範学校50年記念誌」の元の持ち主が私の父だった事、彼の小学校時代の恩師だった事による。突然の電話ありがとう。
6月に宮古島に里帰りしました。宮古島は様変わり、市内は居酒屋ばかりでした。酒の飲めない私は食堂を探すのに苦労しました。あのおいしかった「宮古そば」は市内にはもうありません?
自衛隊基地は出来るし、会場保安庁の射撃練習所はできるし、琉球列島の不沈空母化は着々と進んでいます。
あまくま、時々読ませてもらいます。ありがとう
 

vol.396

 投稿者:ふくう  投稿日:2017年 9月21日(木)22時51分40秒
  「宮古の びきどぅん(男性)が危ない!」
                    菜の花(伊良部・仲地出身)さん
菜の花さん御久しぶりですね。お盆は帰省され家族一同揃ってのお盆を迎えられた
のですね。御母さんの御馳走良かったですね。宮古の男が危ない!のタイトル何事
かと想いました。生活習慣病蔓延の現実元々は長寿の県だったはずが短命県に変わ
ってしまった。此処20年での食生活の変化で県民の体質も変わってしまった。特に
宮古島は沖縄県の中でも男性の平均寿命が78歳そして生活習慣病の肥満、糖尿、高
血圧患者が県内一位との事。NO1は良い事だけど患者数NO1は有ってはいけませんね
国際シンポでの中国は食生活の激変と車社会での運動不足の為肥満、糖尿病は増え
ているとの事宮古島も同様な状況下に在るのですね。食を時代を遡って戻す。在来
種の野菜や野草を復活させる事は肥満を防止する事に繋がれば良いですね。

◇あの話をもう一度
「運動会」vol.109 2005/10/6            アモイ(平良・宮原出身)さん
自分が子供の頃の運動会は特別なものでした。一族集合で物見遊山そのものでした
大人は飲めや歌えの大宴会子供達はその横で走ったり踊ったりしている光景が当た
利前でした。それから30年自分たちの子供の運動会はビデオカメラを持って我先に
前に出て撮影の競争あまりにも昔の様子とのギャップに驚きました。勿論御酒は禁
止御弁当のみむしゃむしゃ食べる何か味気ない運動会でした。今時はどう変わった
のかなと想うこのごろです。宮古の運動会のリレー花形競技子供より大人が熱くな
る所も良いですね。全員参加の綱引きもストレス発散になり楽しい競技ですね。
運動不足解消には運動会に参加するのも良い事ですね。

「古希を迎えた下地中学校の16期生」
               クイチャーマン(下地・与那覇出身)さん
来月初旬古希の同窓会を行い月見の会を与那覇前浜で計画中との事。参加人数の
多さも凄いですね。中学卒業が1963年昭和38年東京オリンピック前年から10年毎
と厄年に合わせて開催されているのですね。同期会で合う同級生は中学校の時の
イメージで合うので年代差が見栄えに相当現れているのですが話すと中学生に戻
ってしまいますね。146名の卒業生がいて26名が他界されている。50歳を機に会報
を作り世話人会を作っての活動皆さんが団結力の強い組織となっているのですね。
古希を迎えられる事は大変素晴らしい事ですね。又一段と結束力が増す事と想い
ます。米寿、白寿と続きますね。皆さんが集える事が長生きの栄養剤かも知れま
せんね。現在の生徒数を見ると愕然とならざるを得ないですね。146名が29名しか
いないのはその間の子供達は何処へ行ってしまったのでしょうね。

今回のありがとうございました
 

台風18号後

 投稿者:初美  投稿日:2017年 9月17日(日)14時26分17秒
  こんにちは!
台風18号は、だいずな風雨を吹かせて宮古から去って行きましたが、
今九州地方ですね。どうぞ、お気をつけください。
用心に用心を重ねることに越したことはないですので。

今回は、予想以上の台風で停電も長かったです。
電気が点いた時の嬉しさといったら!

倒れる木も多く、サトウキビも横倒しになり、折れたりしています。
でも、早くも立ち上がりつつありますよ。
自然の猛威はすごいものがありますが
立ち直る作物の凄さも感じます。
庭のタマスダレは、台風もなんのその。
台風がさった後、一斉に花を咲かせました。

お見舞いメール、電話等、たくさんいただきました。
たんでぃがーたんでぃ!!

今日は母校の下地小学校の運動会でした。
小学5年生の甥っ子の応援に行ってきました。
秋晴れの爽やかな風の中、子どもたちは元気いっぱいでしたよ。
台風の影響でスーパー等に食材が少ないため
お弁当はなしで午前中だけ。
今年も校歌遊戯ありましたよ!笑

B.サラさん
久しぶりの大型台風を経験しました。
風はうなり、雨は吹き付け窓を叩き、
コンクリートの家じゃなかったら
どうなっていただろうと思うほどでした。
お気遣い、たんでぃがーたんでぃ!!
 

台風18号!

 投稿者:B.サラ  投稿日:2017年 9月14日(木)19時59分47秒
  こんばんは。
雨風とも凄い台風でしたね。
こちらの今朝のテレビでも映像を交えて大きく取り上げていました。
横転した車や倒れた街路樹等島内の様子が映っていましたが、
みなさん被害はなかったでしょうか。
農作物の被害が心配です。

また、島内の9割の世帯で停電が発生したと報じていましたが、
復旧しているのでしょうか。

昨日の夕方から、ネットのライブカメラで平良港の様子を見ていましたが、
凄まじい雨と風で画面が真っ白でした。

台風は宮古島を通り過ぎてからも発達しているようですね。
速度が遅いのも相まってまだ影響があると思います。
お気を付け下さい。
 

レンタル掲示板
/458