teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


3月の集会

 投稿者:sawanosuke  投稿日:2009年 2月 8日(日)15時58分27秒
返信・引用
  三月の当会の集会は、総会になります。
見学は行えません。
誠に申し訳ございませんが、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
 

Re: 教えて下さい

 投稿者:さわのすけ  投稿日:2008年 4月30日(水)22時14分44秒
返信・引用
  > No.27[元記事へ]

マーさんへのお返事です。

> 初めまして。HPを拝見しました。5月3日から杓子岳双子尾根へ単独で登ろうとしております。ロープ無しでものぼれるルートでしょうか?
> ジャンクションピーク付近の二つの岩場?が手強そうですが。
> 傾斜度、ルートの状態等、御教授頂ければ幸いです。

マーさん、こんにちは。
書き込みありがとうございます。

私が行った時は、雪も沢山あったので、ロープは使用しませんでした。
初心者(?)が同行だったので、あった方が良いかな?
と、思ったところは頂上直下の急な斜面の下降の時でしたが、バケツを掘って
そこを下降してもらいましたのでロープは使いませんでした。
ここは、もし、雪の状態が悪くても、岩に残置があるので、懸垂下降できます。

雪が安定していればロープはいらないと思います。
但し、雪が腐ってくるとあまりよくないので、早朝出が基本です。
気をつけて、楽しんできてくださいね!
積雪の状態お伺いできるとうれしいです!
 

教えて下さい

 投稿者:マーメール  投稿日:2008年 4月30日(水)21時55分58秒
返信・引用
  初めまして。HPを拝見しました。5月3日から杓子岳双子尾根へ単独で登ろうとしております。ロープ無しでものぼれるルートでしょうか?
ジャンクションピーク付近の二つの岩場?が手強そうですが。
傾斜度、ルートの状態等、御教授頂ければ幸いです。
 

Re: 北鎌へのアプローチ

 投稿者:さわのすけ  投稿日:2007年11月 7日(水)21時56分40秒
返信・引用
  > No.20[元記事へ]

ヤングマンさんへのお返事です。

そうですね。1998年以降は、川の流れも大きく変わりそれ以前に行ったきりだときっと驚きます。
足が立たないほどの流れになることはよほどの事がない限りなくなっただろうと思います。
湯俣からの遡行は、それほど難しくはないと思います。
私は湯俣からのアプローチが好きです。
通常ですと、ダムから湯俣~千天の出合の先、P2基部までは1日でたどり着けます。
ここは水が取れるので、無積雪期は、ここで一泊が丁度良いと思います。
湯俣から遡行して、P2基部へ渡渉し、そのまま左岸を歩き、北鎌右俣をあがっても良いかと思います。
それだと、稜線上いやらしいP6のトラバースをパスする事ができるメリットがあります。
 

北鎌へのアプローチ

 投稿者:ヤングマンメール  投稿日:2007年11月 5日(月)23時28分34秒
返信・引用
  教えて頂き有難うございました。素直に湯俣から入って水俣川を遡行して入りたいのですが、遡行方法も大昔とだいぶ変わったとか。
私は左岸の水線の上をへつてワイヤーだけの橋を渡って天上沢に降りた経験しかなく時間の計算ができません。
煮詰めていくと稜線から下降して北鎌右俣あたりから登るのも選択肢の一つと思います。
 

北鎌~西穂へ

 投稿者:ヤングマンメール  投稿日:2007年11月 2日(金)23時02分7秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。千葉のヤングマンです。山耐も終わりひと休みしている所ですが、来年、北鎌のP2下から西穂の方へ走歩しようと思っていますが、夏場の北鎌へのアプローチはどの方法があるか教えてください。  
    (管理人) ヤングマンさん、こんばんは!
今年も耐久レース完走おめでとうございます!!素晴らしいですね!
毎年、速報で探しています!これからも応援しています。
夏の北鎌という事ですが、P2迄のアプローチとしては・・・
1.湯俣から水俣川を遡行してP2基部へ
2.槍沢から水俣乗越へ上がり天上沢へ降り左岸を進みP2基部へ
3.大天井から貧乏沢を下降し、天上沢左岸を下りP2基部へ
以上、3通りあるかと思います。
私が歩いたのは1と2ですが、2の場合は逆ルートです。
 

ナルミズ沢

 投稿者:サブリーダー2号  投稿日:2007年10月13日(土)21時36分57秒
返信・引用
  快晴で素晴らしい山行となりました。  

チベット

 投稿者:西 燉メール  投稿日:2007年 5月29日(火)15時32分57秒
返信・引用
  突然ですが京都の西燉と申します。伝言板に書き込みを大変失礼します。

この9月にチベット東西5300km
昆明~シャングリラ~梅里雪山~横断山脈~ラサ~カイラス~チョモランマBCからヒマラヤ越え~カトマンズ
参加仲間を募っています。

http://kyoto.cool.ne.jp/daichi-2006/subpage6.htm

 

行ってきたんですね~!

 投稿者:さわのすけ  投稿日:2006年10月18日(水)20時44分59秒
返信・引用
  鈴木さん、こんばんは!
マスキ嵐沢へ行ってきたのですね!15日は神奈川もとても良い天気だったと思うので心配されていたブルブルではなかったと思います。
でも、もう10月ですものね~、積極的に水に入るにはちょっと気温が低かったかもですね。
来年、初夏のあつ~~い日を選んで、今度はジャブジャブしてきてください!
ここは、巻きの方がイヤかもですね!今度は全て直登ですよっ!
私達は、八ヶ岳の天狗尾根に行ってきました。
紅葉も見ごろで、やはり、真っ青は空の下、ラクラクの天狗尾根でした。

http://www3.plala.or.jp/dana/index.htm

 

マスキ嵐沢!!

 投稿者:鈴木葉子メール  投稿日:2006年10月16日(月)22時54分20秒
返信・引用
  15日晴天に恵まれ、木漏れ日を浴びながら行ってきました!マスキ嵐沢!! ガイドブックに「中級」とあり、ちょっと怯みましたが、お守りのロープ付きですから快適でした(^_-)-☆F3はお守りじゃなくて正にお助けロープで、一部吊り上げてもらいました。やっぱりこの時期、水が流れてる所は冷たそうで自然と避けてしまい、苔ですべってジタバタしながら引っ張ってもらいました(^_^;) F3でちょっと怖い思いをしたのでF4は右から巻いたのですが、これがもう大変!!!下から見ると然程ではないのですが、落ち葉ですべるは、根っこもなく掴む所はないは・・・なんとか安定した場所にたどり着き、沢へ降りて懸垂下降の練習などしてみました。濡れるの覚悟でF4登ったら楽々・・巻き道の方が10倍は怖かった~ F7は乾いた岩なので滑る心配もなく快適によじ登りました(^.^) F3とF4で手間取ってしまいましたが、来年夏に再チャレンジして釜の中にもジャブンと入ってみたいで~す。楽しい沢を教えて頂きありがとうございました♪今度は鬼石沢にも行ってみたいです。皆様初心者向けの沢があったらどうぞ教えてください☆よろしくお願いします☆  

レンタル掲示板
/3